碓氷峠のはなし

先日、軽井沢から東京方面に向かって碓氷峠を下ってきました。

ずいぶん長い下りだなあと思いました。九十九折が多く、カーブに番号が振ってあって、たしか200近くのカーブがあったような気がします。あんまりいつまでも下っているので、こりゃあ登るのは相当大変かもしれないぞ、と内心思いました。登ってくるロード乗りの人は、もちろんたくさん見かけました。

軽井沢に遊びに行くと、いつも新幹線で東京に帰ってくるのですが、そうやって碓氷峠を下って帰ってくるのも楽しかったです。 途中の高崎までですが、軽井沢を基点に鬼押し出しや車坂峠、千曲川サイクリングロードを楽しんだあと、ただ新幹線で帰るよりも、碓氷峠を通ったほうが楽しみが増えます!! オススメです。

有名な「めがね橋」こと碓氷第三橋梁を眺めることもできて、満足でした。「めがね橋」についてはPOIとして、CBNにレビューを書いてみました。

で、この碓氷峠。下ったものの、登ってはいないので、ちゃんとしたレビューを書けません。でも、登るのは大変だろうなあ・・・と思っていたら、レビュワー専用掲示板でGlennGouldさんが、そんなに大変ではないですよ~と教えてくれました。なんでも、JR小諸駅前からはじまる日本のラルプ・デュエズこと高峰山(車坂峠)に比べたらずっとラクなんだそうです。私は、超スローペースながらも車坂峠を止まらずに完走できたので、それを聞いて一安心。下っていると、そんなにきつくない峠でも大変に思えるものなんですね。

いずれにしても、碓氷峠は登りもいつか挑戦してみたいです。
今度は早朝に東京を出発して、軽井沢まで行ってみようかな。

NO IMAGE
この記事をお届けした
CBN blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!