MavicとTimeが共同開発中のMTB用ペダルが目撃される

今年の2月にMavicとTimeがペダルの共同開発について発表していたそうですが、そのプロトタイプが目撃されたようです。

Bike Rumor が写真付きで報じています。TIMEロゴはないものの、”ATAC”の文字が見えます。また、CrossMax SLの刻印とシャフト部にはMavic SSCロゴが。

本体はカーボン製でチタンシャフトのハイエンドモデルではないかと言われています。TIMEのATACシリーズ等とどう違った製品になるのか等、不明な点は多いですが製品の発表はそう遠い先のことではなさそうです。

Mavicといえばロード用ビンディングペダルからひっそりと撤退してしまいましたよね。また、MTB用のクリップレスペダルのラインナップもありません。MavicにとってTIMEとの協業には大きい意味があるのでしょう。Mavicからはロード用ペダルの再発も噂されており、それはTIMEのペダルのデザインを踏襲すると言われています。

TIME側としては、MTB用ビンディングペダルの分野でセールスが伸び悩んでいるのであれば、MavicにOEMしたほうが得策ということになるのでしょうか。Mavicホイールを愛用するMTBerにとって、TIMEブランドのペダルよりMavicブランドのペダルのほうが魅力的に見えるでしょうから、そういうことのような気もします。