LightweightがロードフレームのUrgestalt(ウルゲシュタルト)を発表

公開日: フレーム・完成車 ,  

LightweightがUrgestalt(ウルゲシュタルト)というロードフレームを発表しました。

Bike RumorBike Radar 等、海外各メディアが伝えています。Urgestalt(ウルゲシュタルト)はドイツ語で「原型・元型」を意味するそうです。書籍や楽譜の原典版が”Urtext”などと呼ばれますが、あのUrと同じですね。英語にするとOriginal form。

これがあらゆるカーボンロードバイクの原型となる、みたいな意味でしょうか。Lightweightらしいネーミングですね。

製造は台湾。重量は54cmの場合1,340g(フォーク込み)。価格は£3,950/€4,460。8月中旬デリバリー開始、実売は9月頃の見込み。価格はLightweightのフレームにしては安すぎるように見えますが、台湾製だから実現できた価格とのことで、ドイツ製の場合€12,000くらいになってしまうのだそうです。

urgestalt

製品のテスト自体はヨーロッパ規格をクリアするものだそうです。UCIレースで使用可。ただしやや剛性を抑えたコンフォート系・ロングライド系のモデルだそうです。峠入りのグランフォンド等にも向いているのでしょう。

120kgの体重制限あり。初年度製造予定数は1,500セット。フレームサイズは48-60cmまで(水平トップ長515mm〜590mm)をラインナップしており、どのサイズでも等しい剛性感となるよう調整されているとのこと。BBはPF86。シートポストはモノリンクタイプまたはスタンダードタイプ。SHIMANO Di2 / Campagno EPSの使用可(機械式も可)。

urgestalt2

チェーンステイには “Handarbeit für Beinarbeit” の文字が。直訳すると「脚仕事のための手仕事」。Handwork for Legworkという感じでしょうか。シャレが効いていてカッコイイコピーですね。

いやー、ストイックなたたずまいのフレームです。






prime
PRIMEというチューブレスレディの低価格カーボンクリンチャーたち

WiggleがPRIMEというチューブレスレディの低価格カーボンクリン

ペシ岬
BikeJINというモーターサイクル雑誌の北海道特集を読んでみた

先日、書店でBikeJINというオートバイの雑誌が北海道特集をやってい

eye
Nevi Titanium Bikes – 色褪せないチタンフレームに封じられた1988年の吹雪の記憶

自転車海外通販の老舗・スイスのベラチスポーツがNevi(ネーヴィ)のチ

3609_6
世界限定30台のスチールフレーム・Officina Battaglin Stephen Roche Limited Edition

ベラチスポーツがバッタリンの新作スチールフレームの予約受付を開始しまし

荒川サイクリングロード #2
春の花粉症対策・その他amazonで買える注目アイテム特集

春の花粉症対策・その他amazonで買える注目アイテム特集です。

→もっと見る


PAGE TOP ↑