サー・ウィギンスはクリス・フルームにまだおめでとうと言っていない模様

ウィギンスとフルームの関係にはまだなかなか微妙なものがあるようです。

road.cc の記事によると、Team Skyのブラッドレー・ウィギンスは今年のツール・ド・フランスで勝利したクリス・フルームにまだ祝辞を伝えていないのだそうです。フルームの婚約者・ミシェルがそのように述べているとのこと。

ウィギンス自身は最近、来年のツールではフルームをサポートするつもりだ、みたいなことを言っていたので、何かおかしい感じはします。フルームと婚約者はツール終了後、ウィギンスやウィギンスのワイフ・キャサリンと一度も会っていないし一言も喋っていないのだそうです。

ワイドショー的な展開になってきて、イギリス的だなあと思いました。ウィギンスは内心面白くないんでしょうか。十分に強い人なので、もうちょっと余裕を見せたほうがカッコイイんじゃないかと思うんですが、どうでしょう。