スポーツサイクル専門のシェアリングサービスがあったら

昨夜見たテレビ東京の「ワールド・ビジネス・サテライト」で Anyca という面白いサービスが紹介されていました。

DeNAが運営しているサービスのようですが、これは個人間でクルマの貸し借りをするための仕組みだそうです。「カーシェアリング」というと「移動の足」としてのクルマを駐車場で借りるイメージがありますが、これは全然別のサービスでした。

例えばマツダ・ロードスターに乗ってみたい人がいるとする。買う前にじっくり試してみたい。マツダ・ロードスターのオーナーは月に何度かそうした試乗希望者に愛車を有償貸与することで維持費が楽になる、ということでした。料金は1日4000円〜だそうです。

勿論貸したクルマがどのように扱われるか不安なところもありますが、Yahooオークションのような評価システムが存在するため、オーナーは履歴の悪い人への貸与を拒否することもできるそうです。信頼関係が非常に大切になってくるサービスです。

このサービス、ロードバイクやMTB、小径車でもあったら面白いのではないかと思いました。勿論スポーツサイクルショップやサイクルモードのようなイベントで試乗は可能ですが、自分が本当に乗りたいモデル・サイズが常に用意されているわけではない。

例えば「デローザ・チタニオのサイズ51を試してみたい」と思ってもそんなものは簡単に乗れないわけです。しかし日本の何処かでそれに乗っている人はいるかもしれない。多くの人が登録するサイトなら自分が試乗したい自転車が見つかる可能性も高い。

自転車の場合はクルマほど維持費に悩む人は多くないでしょうし、たとえフレームサイズが同じでもポジションは人によって全く違うので、クルマほど簡単ではないかもしれません(自分で愛用のサドル・ステム・ペダルに交換して乗り、試乗後は整備して返却する等)。

ビジネスとして成立させるのは難しいかもしれませんが、近い感じの「スポーツサイクル・シェアリングサービス」があったら面白いかもしれない、と思ったのでした。

この記事をお届けした
CBN blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!