CBN妄想ショッピング:レインウェア特集・軽量コンパクトな厳選10着(6月15日号)

全国的に梅雨に入りしつつありますね。雨を心配しながら自転車に乗るという日も多くなってきました。そんな梅雨時に重宝するのがレインウェア。どちらかというと、最初から着て出るというよりは突然の雨に備えて携帯するという使い方が多いのではないでしょうか。

また出発時は好天でも帰還時には雨天が予想される場合などに備えて常備しておきたいアイテムの一つでもあります。ゲリラ雷雨対策としてもこれからの季節、やばそうな日は携行してみてはどうでしょう。

今回は「小さくたたんで携帯可能なウェア」を中心にピックアップしてみました。自転車に乗るときに着たいものだけでなく、タウンユースにも使えそうなものもあるので是非チェックしてみてください。

Adidas Cycling – H.Too.Oh サイクリングジャケット

地味な色合い(ブラックのワンカラーのみ)ですが、クロスバイクで通勤といったときにも使えるデザインだと思います。


1


Altura – Podium Night Vision 防水ジャケット

前後左右どこからでも目に留まる「NV360° テクノロジー」を採用しているとのこと。視認性の悪い雨の日には身を守ってくれるかもしれません。自転車通勤派には特にチェックしてもらいたい製品。カラーは人気の赤黒もあります。

2


Castelli – Muur Waterproof ジャケット

小さくたたんでポケットに収納できる、お財布より軽いジャケットです。ただしお財布もかなり軽くなるかもしれません。本稿執筆時点ではサイズはSのみです。

3


dhb – Professional ASV eVent Waterproof ジャケット

空気力学に基づいて作られた、レース仕様の超軽量防水ジャケットです。折りたたんでジャージの背中のポケットに収納できます。この製品はCBNにもレビューがあるのですが、短時間の使用と軽量性を追求した製品のようです。フィットはタイト目。検討中の方は是非レビューを読んでみて下さい。コストパフォーマンスは高いようですね。

4


dhb – Classic Rain Shell ジャケット

ジャケットが不要なときは ‘Stuffit’ (背面のジッパー付きポケット)に収納可能だそうです。

5


Endura – Helium ジャケット

使わないときはコンパクトなスタッフバックに収納できます。

6


Gore Bike Wear – Element Gore-Tex Paclite ジャケット

使わないときは小さくたたんでファスナー付きの「ナポレオンポケット」(何故「ナポレオン」という呼称なのかは不明ですが…)に収納できます。

7


Sportful – Hot Pack NoRain ジャケット

小さく折りたたみジャージのポケットに収納可能。ブラックと蛍光イエローがありますが、まあこういう製品は蛍光イエロー一択と考えて良いと思います。雨天の中、クルマに対して自分自身をアピールしない手はありません。シルエットはタイトフィットな感じなので、トレーニングにも良さそうです。

8


Craft Elite Tech Rain Jacket

CRC購入者のレビューによると小さくたためるとのこと。ロゴ等は反射材のようです。

9


Santini 365 Ice Rain Jacket SS15

ジャケットと同じ素材で作られた入れ物がついてくるようです。中の服が透ける素材です。Santiniの割に値段もまずまず、白は昼間なら視認性も良いと思います。

10