レビューをもっと読んでもらえるためにできる工夫

皆さんいつもCBNへ有益なレビュー投稿をありがとうございます!突然ですが、この記事では「どのようなレビューだとより多くの人に読んでもらえるのか」について書いてみたいと思います。

レビューをもっと読んでもらえるためにできる工夫

レビューを投稿して下さる動機は人さまざまだと思いますが、基本的には「大きな話題とならなくても、ささやかな経験談・知識として誰かの役に立ってくれればいい」という善意で投稿して下さっている方が大多数であると思います。

この善意はCBNのようなレビューサイトの根本思想なので、本当に感謝しています。と同時に「このレビュー、もう少し工夫があればもっと多くの人に読まれるはず!」とややもったいなく思うこともあります。せっかく投稿して下さるのですから、一人でも多くの方に読まれたほうが良いのではないかと個人的には思うんですね。

そこで本題。どんなレビューだと読まれやすいのか。より多くの人に届きやすいのか。最後まで読んでもらえるのか。

CBNへの投稿は(不定期ですが)ダイジェスト的にTwitterでもご紹介しています。その時にサイト運営者として私が心がけているのは「この部分を紹介すればみんな興味を持って、レビューを読みに来てくれるはず」という部分を探り当て、フォロワーの皆様に提示するということです。

そのためレビュー投稿文の中でキャッチーな文章があれば、その部分をTwitterでリンクとともに引用させていただくことが多いです。そしてありがたいことに、大部分の投稿にはそのレビューの大きい方向性や主張がぱっとわかるような、キャッチーな文章、メッセージがあることが多いです。

しかし時々、Twitterで紹介しようとする時に「あれ、このレビューは、どこも引用して紹介できそうなところがないぞ」ということがあります(最近、特定のレビューでそういうことがあったわけではありません。誤解なきよう)。

すると多くの場合、そうしたレビューはやはりクリックされる確率が少なくなります。これはもったいないので、ちょっとした雑感、文章量が少ない場合でも、何か1つだけ伝えたいことをきっちり書いてみるともっと読まれると思います。メッセージを意識する、ということです。

もうひとつは、オリジナル写真があったほうがやはり読まれやすいということです。個人的には必須だとは思いませんが、世の中的には文章中に1枚でも写真や画像があったほうが読者の心理として安心できるらしいです。視覚的に大きく何かをイメージして、どれどれと細部を読んでいく、という人は多いです。特に長文で何かを伝えたい場合、写真や画像があると効果的です。

まとめです。より多くの人にレビューを読んでもらいたい場合は、

  • そのレビュー全体を示すようなキャッチーな一文を入れてみる。主要なメッセージは何かを意識する
  • オリジナル写真を効果的に利用する

あとはレビュワーさんとしてキャラが立ってくればファンの方も増えてきて、どんな書き方をしても「あの人のレビューなら」ということで読んでもらえたりします。最近のCBNではレイアウトを改善して、1ページに1レビューが基本となっているので(短文が多いJOKEカテゴリー等を除く)、ご自分のブログ記事を書いてみるような気持ちで、個性の強い表現に挑戦してみるのも面白いかもしれません。

ちなみに写真が主役の「あなパー!」ですが、これもタイトルや文章中に何らかの明確なメッセージが入っていたほうがTwitter等に流した時により多くの人に興味を持ってもらえます。写真が主役とは言っても文章はそこそこあったほうが良いと思います。例えば風景写真の場合、CBN読者は全国にいるのでその場所は何県の…というレベルの紹介からはじめたほうが興味を持ってもらえます。

CBNにはmomochi_gyugyund先生のような唯一無二のスタイルを持った方もいます。最近ではkuromitsu2さんやnadokazuさんなど、クスッとくる面白いブロガーっぽい文章を書かれる方も増えてきているので、「私のレビューあまり反響ないかな?」と悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

今後も様々な投稿、お待ちしております!

この記事をお届けした
CBN blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!