視力が低いサイクリスト618人に聞きました:アイウェア、どうしてますか?

Twitterフォロワーの皆様を対象にアイウェア使用状況についてアンケートを実施してみました。エディメル兄さん@RT走460/22500にご提案をいただきました。エディメル兄さん、ご回答618名の皆様ありがとうございました!

視力が低いサイクリスト。アイウェアどうしてますか?

早速結果を見てみましょう。視力の低いサイクリストの51%がメガネまたは度付きサングラスを使用。コンタクトレンズ使用者は全体の40%でソフトレンズが35%。裸眼で乗るという方は9%という結果になりました。

Twitterでいただいたコメントをいくつかご紹介します。コンタクト派、アイウェア派から様々なご意見。ハードコンタクトレンズを使う方の理由もわかりました。個人的に気になったのはUmeTKYさんの遠近両用コンタクトの感想。これほど絶賛されると使ってみたくなります。

  • 普段は眼鏡ですが、自転車に乗るときは「視野を狭めない」ことを重視するので、コンタクト一択です。汚れたり外れたりしても、即交換可能な使い捨てタイプを愛用しています。@nadokazu
  • 最近遠近両用のコンタクトにしました。これは正に目から鱗!もっと早く変えればよかったと思うくらい素晴らしいです。@UmeTKY
  • ブルべみたいな長時間かけるサイクリングに、ハードコンタクトなんて使うのは凄い少数派だとは思うけど…ソフトレンズでは矯正できないし、メガネだと頭痛くなるので仕方がない…埃が入ったときは、痛くて目を開けていられないのが、最大の欠点かなぁ。@axelatom
  • 自転車を始め、度付きアイウェアを作る前に眼科に行ったらドライアイが悪化しててコンタクトNGと言われ以降度付きアイウェア一択です。ここ3年はメガネスーパーのフィリップアップを使用してます。@mt09_tra
  • 強度の近視に加え乱視持ちなので、メガネ一択ですね。フリップアップタイプの度付きサングラスも持っていますが、長時間輪行があったり泊まりツーリングだと、普段使いのメガネも結局持っていく事になるのが面倒です。@Limey__
  • 日常用メガネのレンズに若干着色して,そのままアイウェアとして利用しています。@XAX_jp
  • 以前はBRIKOのレンズを度付きにしたり、ルディプロジェクトにクリップオンレンズ付けたりと苦労してたけど…最近は老眼により不要になりますたw @dingle_speed

変わり種製品

@nodachin2013さんからはこんなコメントをいただきました。

この製品についてはCBNに素晴らしいレビューがあるので、次にご紹介します。

CBNレビューから

CBNに投稿された度付きサングラス関連レビューから3つご紹介します。まずUmeTKYさんのHydrotac “貼る” リーディングレンズレビューから。これは使用感がよくわかりますね。

視力が低いサイクリスト618人に聞きました:アイウェア、どうしてますか?

私はコンタクトレンズ+アイウエアです。最近、手元を見る能力がめっきり衰えてきました。サイクリング中はいいけど、止まってスマホの画面を見たり、レストランのメニューのやたら小さい文字を見るのが厳しくなってきました。体力よりも先に視力に衰えがデテクルノネ…  老眼鏡を持って走るのも面倒だし、なんかいい解決方法はないかなと探したのがこれです。(…)レンズは柔らかなプラスチック製で、アイウエアのレンズに水を一滴垂らして、このレンズを貼り付けます。水が乾くまで、位置決めのためにずらすことができますが、水が乾くとしっかりと固定されて剥がれなくなります。サイクリングでも全く問題のない貼り付き強度です。

次はayng1931さんのNike 7071/1レビューから。

視力が低いサイクリスト618人に聞きました:アイウェア、どうしてますか?

フレームは所謂ハーフリムでしょうか。色は金属感のあるグレー。真上から見るとフレームのカーブとレンズのカーブに差があるのが判ります。度付きレンズはあまり曲げれない(ハイカーブは高い)ので若干はみ出ます。とは言うものの前から見れば分からないし言われて気付くレベルです。欠点ではないし面白い構造だと思います。

続いてwatasnowさんのKodak TUFFNEX Insta Shades 調光レンズ【度付き】レビューから。

視力が低いサイクリスト618人に聞きました:アイウェア、どうしてますか?

2016年8月に発売されたKodakのタフネックススポーツレンズの調光レンズです。ハイカーブ対応で、ダイレクト度付き加工が可能とのことで、OAKLEYのJAWBRAKERに装着するために発注しました。オプションは全部乗せ(マテw (…)価格的にも安くはないレンズで、フレームと両方で9万弱くらいの出費が必要となりますので、簡単には手が出せないかもしれませんが、下手に自転車パーツ類にお金を使うよりはコスパがいいのではないかと思っています。

まとめ

恐らくソフトコンタクトレンズ+普通のサングラス、という組み合わせがコストを抑えつつ高い満足感を得られそうです。ただドライアイ等でコンタクトが着用できない方もいるのでその場合はメガネとサングラスの共存を模索することになるわけですね。文中でも紹介した「貼るリーディングレンズ」は老眼気味の方は試してみる価値のある製品でしょう。

Hydrotac(ハイドロタック) 貼るリーディングレンズ +2.00
アウトス
売り上げランキング: 35,054

現在Chain Reaction CyclesやWiggleで一部のアイウェアがお得になっています。チェックしてみて下さい。

この記事をお届けした
CBN blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!