Amazon Music Unlimited 30日間無料お試し
フレーム・完成車海外サイクル情報

バンブー・バイク

自転車屋さんでもらってきた”Green Mobility”というフリーペーパーに、以前雑誌でインプレを読んだことのある「バンブー・バイク」についての記事が掲載されていました。Calfee Designによる、竹をフレーム素材に使用したあの自転車です。

Craig Calfee氏が設計したこの竹の自転車、「すごく笑える乗車感だ」みたいなインプレは過去に雑誌で読んだことがあるのですが、そもそもなぜ竹を採用したのか、Green Mobilityの記事にそのあたりが詳しく書かれていました。

←フリーペーパーの”Green Mobility”。Vol.5とありますが年月日の記載がありません。古い号かも

Craig Calfee氏が1984年にガーナを旅行していたところ、自転車で竹を積んでいる若者を見かけたとのこと。勿論、スチールの自転車だったようです。そこで、せっかく豊富に竹があるのだからそれを素材に自転車をつくってはどうか、と彼は考えた。そして、それが実現すれば、雇用も増えるんじゃないか、と考えたらしいのです。

へー、と思いました。最初に「竹の独特のしなりが振動をいなし・・・」みたいなことを考えて開発をはじめたわけではないところに、好感が持てました。まあ、そういう着想もあったんでしょうけど、たぶん結果的に「竹でもいい自転車になるんじゃないか?」と思ったのでは。そしてガーナをはじめとしたアフリカの貧困問題の解決にもつながると考えたところは本当にすごい。

以前別の雑誌でこのバンブーバイクのインプレを読んだときは、全然興味がなかったし、またヘンなことやってるねー、くらいにしか思っていなかったのですが。その雑誌でも、もっとこうした背景(雇用創出の話とか)にも焦点を当ててほしかったなあ。印象がまるで変わってきます。変態による変態のための100万円もする竹バイクだと思っていました。違うんですね。現在は3,000USD程度で発売、売れ行きが良ければ将来的には900USDくらいまで価格を下げられるらしいです。雑誌はこういう情報もしっかり紹介してほしいものです。

Craig Calfee氏はガーナで定期的にバンブーバイクのサイクリングツアーを開催しているようです。ツアー参加者はバンブーバイクを購入して帰れるとのこと。バンブーバイクの注文やツアー情報は、http://www.bamboosero.com/から見られます。よければ覗いてみてください。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました