Kindle本 5冊購入で10%ポイント還元中
サドル気になるパーツ

男は黙ってBROOKS

今日はサドルのお話です。実は先月からBROOKSの皮サドルを使いはじめたのですが、おもしろいですよ。

私が購入したのはB17 Narrowというモデルで、サイクルベース名無しにもmt_daisenさんとmascagniさんによるレビューがあります。これらのレビューを拝読して、私も興味を持ったわけです。

いやー、最初はもう痛くて大変だったんですが、最近ようやく「これはやっぱり良いモノかも」と思うようになりました。


思うに、最近はBROOKSのサドルを買おうなんていう人は、あまりいないんじゃないでしょうか。皆さんたぶん、Selle ItaliaやSella San Marco、Fi’zi:kやSelle SMPといったメーカーのサドルを買われる方がほとんどですよね(というか、私もそう)。

BROOKSサドルのおもしろいところは、使用すればするほど自分のお尻に馴染んでくるということ。これは最近のシューズのカスタムフィットと同じような考え方ですよね。

そして私は思うんですが、BROOKSのサドルは安い。少なくとも、高くはない。定番とされるB17 Narrowの国内定価は12,600円。この国内定価でさえ、決して高いものではないと思いました。品質も良いし、天然素材でこの価格。Wiggleならもっと安く、6000円~7000円で買えてしまう。他社のハイエンド・レーシングサドルが12,000円~20,000円することを考えると、これはやはり安いと思います。

値上げされたら、嫌だな。皆さん、今のうちに買っておきましょう。他人とは違うものがいい、なんていう方にも、ぴったりのサドルでしょう。ロードバイクでBROOKSのサドルを使っている人は、いまはそんなにいないと思います。そして何より、育てるのが楽しいサドルです。

BROOKSには、固めのロード・MTBタイプ(Team, Swift, B15)や、トレッキング・ツーリングタイプ(B17, Flyer, B17 Imperial)、シティタイプ等さまざまなラインナップが存在します。女性用には全長が短い”S”タイプもあります。

最も硬いのは上でも紹介したB17 Narrow(これはB17ですがロード・MTBタイプに分類)で、B17シリーズにスプリングをつけたのがFlyerシリーズ。Imperialは穴あきタイプです。レールの材質やカラーバリエーションも豊富で、カタログを見ていると収集したくなってくるので注意が必要です。

一生かけて育てるつもりで、皆さんもBROOKSを一個育ててみては如何でしょうか。お気に入りのBROOKSサドルのレビューもお待ちしています。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました