Amazon ブラックフライデーセール開始!
よみもの

「ロードレーサー」それとも「ロードバイク」?

突然ですが、皆さんが乗っているのは「ロードレーサー」でしょうか、それとも「ロードバイク」でしょうか。

以前から少し気になっていたので調べてみると、「ロードレーサー」という呼称は、どちらかというと日本で定着したもののようです。英語圏の海外では、「ロードバイク」のほうが一般的であるように見えます。但し、「ロードレーサー」という呼称も通じます(例えばBMCの完成車に、Road Racer SL1 というモデルがあるように)。

日本では、年輩の方になるほど、「ロードレーサー」という呼称のほうが自然なものに感じられるようです(以前は「ロードバイク」という呼称は一般的ではなかったとのこと)。おもしろいですね。

私がはじめてロードに乗った頃は、既に「ロードバイク」という呼称が使われていました。また、私自身、ロードに乗るようになったのは、レースに参加するためではなく、「ラクに遠くまで速く行く」ことが目的だったので、「ロードレーサー」と呼ぶことが憚られました(気恥ずかしかった)。そのうちに、知人に「どんな自転車に乗っているの」と聞かれるたびに、ええと、ロードバイクです。と答えるようになっていました。

さて、「ロードレーサー」と「ロードバイク」という二つの呼称が存在するわけですが、これは単に呼び方の違いではない思います。基本的に、二種類の言葉があるということは、二種類の異なる意味があるということです。「ロードレーサー」という言葉を主に使用する方がイメージする「ロードタイプの自転車」と、「ロードバイク」という呼称を主に使用する方がイメージする「ロードタイプの自転車」は、たぶん微妙に違っているはずなのです。

ロードタイプの自転車は、元々は、言うまでもなくロードレースのために開発され、発展してきたのだと思います。その限りにおいて、ロードタイプの自転車は、「レーサー」であったし、今でもそうなのだと言えるでしょう。しかし、競技に参加しないロード乗りもいるわけです。競技をしないサイクリストには、もっと自由に、多様にロードタイプの自転車に乗っている人々が存在します(ツーリング、通勤・通学、ポタリング等々・・・本来、これらの領域はランドナー等のツーリング車の守備範囲だったのかもしれません)。

つまり、レースには出ないけれど、速いから、遠くまで行けるから、気持ちが良いから、快適だから、便利だから、ロードタイプの自転車に乗る。そういう場合、たぶん人は「ロードバイク」と呼ぶようになるのではないでしょうか。逆に、ロードレースに参加している人、ロードレースに参加することが目的でロードタイプの自転車に乗っている人は、誇りを持って「俺はロードレーサーに乗っている」と言うことができるのでしょう(かっこいいな)。

「ロードバイク」という呼称が最近日本でも使われるようになってきたのは、ロードタイプの自転車に乗る人々の愉しみ方が、多様になってきたからなのかもしれませんね。レースをしないけれど、ロードに乗りたい。そういう人が増えている。だから「ロードバイク」という呼称が日本でも一般的になってきたのかもしれません。

とはいえ、レース専用に組まれた、アクセサリ的パーツが全くついていない「ロードレーサー」には、非日常的な美しさがありますね。サドルバッグなんかつけるんじゃねーぞー、というオーラが漂っています。無駄なものがついていないロードは、やっぱり美しい。私もたまには、パンク修理キットもライトも持たず、200kmくらい走って、ロードレーサー気分を味わってみようかな(でもパンクしたらどうしよう?)

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました