Amazon Music Unlimited 30日間無料お試し
フレーム・完成車気になるパーツ海外サイクル情報

BMCの新フラッグシップモデル

BMCが新しいフラッグシップモデルを投入するんですね。SLR-01というモデル。写真を見る限り、カッチョイイですねぇ。

slr01私にとってカッコイイロードバイクというのは、細いパイプで組んだホリゾンタルフレームの自転車であって、極太のカーボンフレームにはあまりそそられないのですが、むかし「なるしまフレンド」でBMCのロードバイクを見たとき、素直に「これはかっこいい」と思いました。たぶん、その理由は、トップチューブが平べったかったからだと思います。

自転車フレームのパイプ=丸い、という先入観があって、その角材みたいなトップチューブを見たときに、なんというか、独創的なものを感じたんだと思います。「これまでフレームのパイプが丸かったのは必然じゃなくて、たまたま作りやすかっただけだろ。俺らはいろいろ考えたらこれがベストなかたちだって思ったんだよ」といったメーカーの思想のようなものを感じました(とはいえ、案外こういう形状が「意匠」にすぎないことも多々ある(笑))

昨年のSLXというアルミ+カーボンのハイブリッドモデルもかっこよさそうで、欲しいかも、と思っていたのですが、このSLR-01というのもかっこいいなあ。でも、フルカーボンのバイクは一台持っているし、次に買うのはたぶんクロモリのオーダーフレームだろうから、宝くじにでも当たらない限り自分が買う可能性は低いですが、なかなか美しいバイクだと思います。

現代的な、ファットなチューブのカーボンバイクってあんまり「これだ!!」とピンとくるデザインのものがないんですが、私はこれ、やっぱりかっこいいと思います。たぶん、徹底的にとんがっているからなんでしょうね。まあ、とんがっているだけに、嫌いだ、という人も多いかもしれません。

BMCといえばアレクサンドル・ヴィノクロフのイメージが強いですが、来年からはアレッサンドロ・バッランのイメージがつくかもしれませんね。SLR-01で走るのかな?

サイクルベース名無しには、By-RさんによるBMC SLC01 Pro Machineの手に汗握るような素晴らしいレビューがあります。BMCバイクの購入を検討されている方は、ぜひ参考にされてみたください。それにしても、高っかいなあ・・・

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました