Kindle本最大70%OFF(28日まで)
よみもの

自転車屋さんをはじめるとしたら(コンセプト編)

昨日に続いて、「自分で自転車屋さんをはじめるとしたら」という妄想の続きです。

自転車ショップといっても、いろいろです。ママチャリ・軽快車のみを扱うお店。ママチャリ・軽快車を主に扱うが、要望があればスポーツ車も売るお店。自転車の種類に関係なく何でも売るお店。主にスポーツ車を扱うが、ママチャリも扱う(扱える)お店。スポーツ車のみ取り扱うお店。等々。スポーツ車といっても、ロード、ツーリング車、MTB、小径車、リカンベントと様々に分化していきます。

ただ、今回は「何を主に扱うお店か」というテーマは置いておいて。「どんなお店でありたいか」あるいは「どのようなお店だと思われたいか」という点について考えてみたいと思います。

ここで、皆さんが贔屓にしているショップを、心の中でほめてみてください。あのショップは安くていいよ、あのショップは品揃えがいいよ、あのショップは雰囲気が明るくていいよ、あのショップは試着ができていいよ、あのショップは店員さんがかわいいから好きだ・・・・いろいろな「好き」の理由がありそうですよね。

私は、自分がショップを開くとしたら、「あの店で調整してもらうと同じ自転車とは思えないほど走るようになった」と言われるようなお店にしたいと思います。あの店でワイヤー交換してもらったら、ブレーキが異常に効くようになった。あの店で変速調整してもらったら、いままで結構調整が適当だったんだなと気付かされた。あの店でオーバーホールしてもらったら、魔法をかけられたみたいに各部の動きがなめらかになった・・・・そんなふうに言ってもらえるようなお店を、目指したいですね。

ということは、私自身がショップを経営する場合、「最も興味のある分野」がモノの販売ではなく、調整やメンテナンスといった無形のサービスの提供のほうに、より興味があるということを意味しています。勿論、どんな商品を仕入れるか、陳列をどうするかという点も、ものすごく楽しそうだし、興味がありますが、「どのような店として思われたいか」を考えるとき、やはり上記のように「メンテに強い店」と思われたいですね。

これは、まさにこのブログを書いていて気付いたのですが、自分でも意外でした。どちらかというと、おもしろくて良質な商品を豊富に揃えること、それらを楽しく陳列することに、最も興味があるように思っていたのです。

皆さんは、ご自分がショップを出すとしたら、どのようなお店として認知されたいですか。「○○なら、あの店しかない。」その○○の部分を考えてみてください。すると、皆さんが「自転車」という広い世界の中で、どのような領域に「最大の」興味を持っているのか、わかるかもしれませんよ。

「あの店でポジション出しの相談をすると、疑問が解決する、そんな店になりたい」
「あの店が企画するツーリングに参加するのは、本当に楽しい」
「何を着たらいいか悩んだときは、あの店の店主に相談するとバッチリ」
「フレームジオメトリについてまともな話を聞けるのは、あの店しかない」
「この改造ができるのは、あの店しかない」

きっと、もっといろいろあるはずですよね。「サイクリングの帰りに寄って、店主の奥さんとおしゃべりを楽しめるお店」とか。

自分が何に興味を持っているのかがわかるので、なかなか楽しいですよ。ぜひ皆さんも妄想してみてくださいね。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました