Kindle本最大70%OFF(28日まで)
よみもの

自転車屋さんをはじめるとしたら(立地編)

引き続き、「自転車屋さんをはじめるとしたら」という妄想の続きです。今回は立地について妄想してみます。

皆さんだったら、どこに自転車屋さんをオープンさせたいですか。

東京だったら、代官山、渋谷、原宿とか目黒、白金・・・といった素敵な街には、私はこだわらないです。
むしろそうしたオシャレな街ではなく、近くの商店街でメンチカツが買えて、屋台でヤキトリを焼いているおじさんがいるような小さい町がいいです。

というか、東京である必要もないんです。
サイクリングロードの近くとか、浅間山とか高峰峠とかヒルクライムが楽しい山の麓とかでも、いいなあ。

ということは、私はオシャレな自転車屋さんにはあまり興味がないのかも。

私の場合、立地は、あんまりこだわりはないような気がします。都市部なら、やっぱり駅の近くのほうがいいというのはあります。
ただし、せめて五台分くらいの自転車は駐輪できるようなスペースを確保したいです。
神宮前のなるしまフレンドとか、お店の前に駐輪ラックがあって、さすがという感じですよね。

立地は、実は自分の意思ではどうにもならず、資金の制約から決まってしまうことが多いのかもしれません。たとえば、お団子屋さんを経営していたお父さんが廃業してしまったので、その店舗があったところに息子が自転車屋を出す。とか、店内スペースを広くとるために、家賃が安い地方に出店する。とか、反対に、駅の近くという利便性を最優先するために、敷地面積を妥協する、等々。

そうか、「自分のショップをどこで経営するか」という問題は、「どのくらいの広さのショップにしたいか」という問題と密接な関係があるようですね。

私だったら、極端に広いショップにはしたくないですね。完成車が30台もあると、面倒が見られないし、そんなにあっても意味がないような気がします。パーツは勿論大好きだから、もうこれでもかっていうくらい陳列したいけど、一人で経営すると万引きだって心配になるでしょう。それに、どこかのチェーン店みたいに「パーツのコンビニ」みたいなお店にはなりたくありません。

じゃあ狭くて小さい店が良いかというと、それも違うんですよね。物理店舗であるからには、やはりより多くの実物を見て、手にとって、触ってみられるようなお店にしたい。そのためには、ある程度の広さが必要。

これは、本当に難しいですね。どの程度の大きさの店舗にするか、というのは。

東京の「なるしまフレンド」の1Fにはかなりの数のフレームが天井からぶらさがっていますが、かといって広大なスペースを占有しているわけではないので、あんな感じは理想です。広くはないけれど、ストレスなく店内を歩ける。広さ的には、京都の「シルベストサイクル」くらいの大きさが最大かな。自分一人で経営して、アルバイトを雇わないなら、上野の「ODBOX ANNEX店」くらいでも構わないかも。北千住の「フィッテ」もちょうど良い大きさかな? ・・・おっ、なんだか自分が理想とするショップの大きさが見えてきたぞ・・・

一点だけ譲れないのは、作業スペースが広いこと。これだけは譲れないですねー。東京の上野に「アサゾー」という有名なロードのお店があって(Ysroad系列)、現在どうなのかはあまり行ってないのでわかりませんが、店員さんが超狭いところでバイクを組み立てていました。信じられないくらい狭いところで作業しているので、すごいと思いました。すごいとは思ったのですが、あんな苦労はしたくないなー。ODBOXの作業スペースも狭そうでした。なるしまフレンドくらいの作業スペースは欲しいです。壁には使用頻度の高いツールを整然と並べておき、常に作業がしやすいように・・・・・おっと、「機材」についてはまた別の機会に妄想してみましょう。

そうそう、東京の赤坂に「ニコル・ユーロサイクル」というオシャレで素敵な自転車ショップが出来たらしいんですが、そのお店では作業スペースや工具がお客様の目に入らないようになっているんだそうです。そういう方向性も理解はできますが、私はあまり好きじゃないな。ワークスタンドや振れ取り台が見えない自転車店なんてつまんないですよ。

皆さんも、ご自分がショップを経営するとしたら、どんな場所に、どの程度の広さのお店を立てたいか、暇なときに妄想してみてください。満員電車の中とか、つまらない会議中とか、美容室の待ち時間とかに。楽しいですよ。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました