Kindle本最大70%OFF(28日まで)
レース・イベント海外サイクル情報

オマーンにはいい人が多いらしい

Procyclingの4月号を読んでいたら、Picture Specialでツアー・オブ・オマーンを取り上げていました。

去年、UAEに出張に行ったとき、ドバイ在住の人が「中東ではオマーンがいちばん人が親切でいいよ」と言っていました。なんでもすごく気さくで、誰でも自宅に招待してお茶をふるまってくれたりするらしい。オマーンの首都マスカットは本当にいいところだから、行くといい、と言われました。

Procyclingの特集記事では、ポッツァートが現地の若い民族衣装の男の子たちにサインしていたり、女の子たちが携帯のカメラでプロトンを撮影する様子などが紹介されていました。たしかになんだか和やかなムード。ドバイにはこんなに和やかな雰囲気はなかったなあ。F1開催地としても有名なバーレーンも自由な雰囲気があり、厳格なほうのアラブ国家の人はお酒を飲みに行ったりカジノに遊びに行くそうですが、オマーンはそういうのではなくもっと自然で素朴な感じがして、やはり行ってみたいと思わせます。

ドバイ近郊の砂漠地帯をドライブで連れて行ってもらいましたが、ツアー・オブ・カタールとかツアー・オブ・オマーンとか正気じゃないなと思いました。本当に暑いです。ロードに乗っている人は数人見かけましたけど。レースなら水の心配がないぶん、まだ安心かもしれません。単独走で水がなくなると確実に死ねます。Procycling誌で見るオマーンの風景は道の両脇に岩山があり、きれいでしたけどね。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました