【本日最終】Amazonブラックフライデーお見逃しなく!
ヘルメットレース・イベント気になるパーツ

TTヘルメットの新形状

最近、外国のサイクルロードレースをテレビで見ていて気付いたことがあります。

それは、タイムトライアル用ヘルメットの形状が変わってきたのかな、ということです。
最初に「あれ?」と思ったのが、Team Skyのそれ。
普通、TT用ヘルメットというと、後ろにひゅーっと流星のように伸びるシェイプをしていると思いますが、彼らのは長くない。
なんだかテントウムシみたいに丸っこく、短いんですね。
昆虫みたいで、かわいい。

そして今年のツール・ド・フランスの中継を見ていたら、ブイグ・テレコムも、スカイのそれほどではないものの、「ひゅーっ」部分が若干、短めになっていました(気のせい?)。

タイムトライアル用ヘルメットが後ろに長~い形状をしているのは、空気の整流効果が風洞実験等で確認されてきたからだと思いますが、今年、短いタイプのものが流行しているとしたら、あの異様に長い部分の整流効果はほとんど無視できるものという新しい実験結果でも出たからなのでしょうか。

自転車機材の世界には、なかなか正解がないようですね。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました