【10/3まで】ウェア・シューズ・バッグ 10%OFFクーポン
よみもの運営

Twitterにおける「これあかんやつや」の出現率(前編)

今日の記事は、サイト運営に関する雑記です。自転車パーツの話題は一切ありませんので、興味のない方は飛ばされてください。

突然ですが、私の使命は「CBNの人気を維持する」ことです。CBNはアクセス数からすると人気のあるサイトといっていい規模だと思います。しかし人気があるからといって放置しておくと必ず訪問者は減って行きます。人は雑草の多い歩道を歩かなくなり、筋肉は鍛えないと衰え、ローマ帝国はやがてイタリアになります(ちょっと躍んだw)。

CBNにレビューを投稿してくださる方は、何らかのかたちでCBNに信頼を寄せてくれているのだと思います。サイト運営者としては、その信頼に応える義務があります。そしてその義務は「投稿された貴重なレビューが今後も多くの人の目に留まる環境を整える」ことによってのみ果たされる、と私は考えています。

FacebookやTwitterアカウントでのレビューリンクの投稿も、「CBNの人気の維持と向上」を目指す活動、もっとレビューを読んでもらおうという活動の一環です。Facebookには「RSS Graffiti」、Twitterには「Twitterfeed」という便利なツールがあり、CBNのRSSフィードから投稿情報を拾わせています。なかなか助かっています。

ところでTwitterには、ハイパーリンクを自動的に供給する「100%のbot」はペナルティを課せられるリスクがあり、私は人力ツイートもしています。ただそれはペナルティ対策というより、そのほうがCBNに興味を持ってもらえるし、端的に言ってTwitterは便利で面白いので使っています。

そんなわけでTwitterの @cbnanashi アカウントでは時々色々なことを呟くのですが、「運営人のツイート」として一つだけ気を付けるようになったことがあります。それは特定の個人や特定のブランドについて私の「好み」を基準に全否定・糾弾しない、特定の考え方や思想を否定しても、その人の全てを否定はしない、ということです。

例えば私が「LEZYNEが嫌い」だとします(本当は大好き)。でも「俺はLEZYNEが嫌いだ」という発言は、CBN運営人としては許されない。何故ならCBNにはLEZYNEが好きな人もいて、「俺の愛するLEZYNEをあのサイトの管理人は貶している」ということになればその人はもう来なくなってしまうわけです。それは「レビューがもっと読まれる環境を整える」という使命に反します。

そのため、「LEZYNEのこの製品はありえない。絶対ダメ」と言うことはあっても、「LEZYNEは◯◯(←何でもいいので罵倒の言葉が入る)」とはなるべく言わないように気をつけています。例えばこのブログで先日、橋下徹大阪市長が抱える本当の問題を考える という記事を書きましたが、橋本氏の人間性そのものより「誰だってわかる」という点にフォーカスして書いています。

サイト運営者としても、ブログ執筆者としても、Twitterの中の人としても、基本的にはそういうスタンスです。特定の事象や現象の本体を無制限に全否定するというのは、私はあまりやらないです(というか、長年こうしてきたせいか「嫌いなブランド」というものがなくなりました。これは良いことだったと思います)。ただ、例外はあります。

「私のこの発言を読んだら新たにCBNに来る人が減るかもしれない。既存の参加者の方でも来なくなってしまう人がいるかもしれない」というリスクを犯してでも、それを言うべきである、ということが時々はあります。誰かに嫌な思いをさせてしまうかもしれない、というリスクを犯してでも、これはあかんやつやという声を発しなければならない。そういうことがあります。

「サイト運営人にはCBNの人気を維持・向上する使命がある」と上で書きましたが、それは「誰でもいいからとにかく多数の人に来てもらう」ことではないと考えています。サイトの本当に基本的な思想や理念と相反する考え方の人は、やはり来てもらっても仕方がないというか、意味がないのです。

勿論、私から「こういう人は来ないでください」と最初に言うことは、まずないです。「こないでほしい感じの人」は多くの場合、向こうから勝手に姿を現してきます。そして、そうした人が出現する舞台が最近、Twitterだったりします。というわけで、次回はTwitterで遭遇したこれはあかんやつやというケースについて書いてみたいと思います。

後編に続く)

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました