Kindle本最大70%OFF(28日まで)
ハンドル

Lightweightの新ハンドル・Rennbügelは168g

超軽量カーボンホイールで有名なドイツのLightweightからドロップハンドルの新製品がリリースされました。

Bike Radar が報じています。Rennbügel(レンビューゲル)という名前で、重量は42cm(c-c)で168g。サイズは40cm, 42cm, 44cmの3種類。クランプは31.8mm。ドイツでの販売価格は€349。8月中旬に発売開始予定。

Lightweightの製品だけに恐らく剛性もきっちり確保しているものと思われます。

ちなみにこの製品、ドイツでテストされはするものの、製造は台湾なのだそうです。

最近のLightweightの動きを見ていると、従来のマニアックなユーザー層だけでなく、もう少し一般的なサイクリストにも買いやすい製品のリリースに力を入れているように見えます。

気がついたらオーバーマイヤーを買っていた、ということにならないよう皆さん気をつけましょう。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました