超高性能ミラーレスカメラで自転車と風景を撮ってみた

今日は久しぶりにカメラの話題です。

最近新しいカメラを手に入れました。下の写真がそのカメラで、FUJIFILM X-E1というモデルです。レンズ交換式ノンレフレックスカメラ、いわゆる「ミラーレス」と呼ばれるタイプです。センサーサイズはAPS-C、とりあえずFUJINON LENS XF35mmF1.4 Rという高級単焦点レンズ(35mm判換算で51〜53mm)とのセットを購入してみました(以下、写真は全てクリックで拡大)。

自転車のハンドルとエルゴパワーを撮ってみました。良い感じの立体感、質感だと思いませんか。絞りはF4.5ですが、被写界深度的にはもうちょっと絞ったほうが良かったかもしれません。そろそろバーテープ換えなきゃ…

次はクランクとペダルです。これもF4.5でもう少し絞ったほうが良かったと思いますが、このカメラとレンズの描写の雰囲気が伝わる1枚だと思います。非常に解像感が高いのですが、超尖鋭的という感じでもなく、独特の魅力があります(というか、これはレンズの傾向かな)。

…というかちょっと待て、TIME iClic踏み面の銀色プレートが1個なくなってるぞー(棒)

ePHOTOzineのレンズレビュー によると、このXF35mmF1.4 Rは絞っていくと中心部はF5.6で、周辺部はF8-F11で最高のシャープネスに達するとのこと。使っていて確かにそんな感じがします。下の写真はF8。なおセンサーのダイナミックレンジの広さは相当優秀だと思います(ちなみに全てISO200)。このシャドー部の階調はすごい。

下はF11の作例です。いやービシッとしますね。でもカリカリ・キリキリという雰囲気ではなく、品があります。

FUJIFILM X-E1はX-Trans CMOSという独自のセンサーを搭載しています。ローパスフィルターというパーツを搭載していないため高い解像感を得られるのですが、一般にこのタイプのカメラは副作用としてモアレや偽色が発生しやすくなります。X-Trans CMOSは従来のベイヤー型センサーとは違うパターンでRGBの画素を配列することでこの問題に対応しているそうです。

正直操作系にはややクセのあるカメラですが、使っていて不思議な満足感があるカメラです。相当高性能なものです。CBNの姉妹サイト・Camera Review Japanにも レビュー があるので興味のある方は是非遊びにいらしてください。

なおミラーレスカメラとしては過去にこのブログで OLYMPUS PEN Lite E-PL5 を、ローパスフィルターレスの超高性能カメラとして SIGMA DP3 Merrill を紹介したことがあります。サイクリング時に携行する高性能カメラを検討中の方は是非併せてご一読ください!

この記事を書いた人