行く人来る人 in CBN

CBNには様々なタイプの方々が参加してくださっています。

ペシ岬(北海道・利尻島)

タイプ(類型)に分けるというのは、ある意味失礼なことになりかねないのですが、誤解を恐れず書いてみたいと思います。7〜8年の長きにわたりCBNの運営に携わっていると、レビューを投稿してくださる方々は「メディアとの関係において」以下のような3つのタイプに分かれるように思います。

1. 自分自身の情報発信メディアを持たない・持つことに興味はない方。しかし情報を発信したい、文章を書くのが好きである、善意で情報を共有したいという欲求があり、その舞台としてCBNを選んでくださった方々。サイト運営者としてはとても嬉しく、気持ちも引き締まる参加者の方々です。

2. 情報発信のための自分自身のメディアを既に持っているが(ブログ・ウェブサイト等)、CBNにも興味を持ってくださった方々。このタイプの方も結構いらっしゃいます。こうした方々も遊びに来ていただいてとても嬉しいですし、勇気づけられることも多いです。

そして時々次のような方々もいらっしゃいます。

3. もともと自分自身のメディアを持たず、持つことにも興味はなかったが、CBNで情報発信しているうちに秘めたる特殊な才能が爆発的に開花し、やがてCBNという器を小さく感じ(多分…笑)、現在では自身のブログやウェブサイト(owned media)を立ち上げ活動の場をそちらに移した方々。

この最後のタイプに属する方々は、ものすごく個性的な人、変わった人、エネルギーが有り余っている方、傾奇者の方(笑)が多く、たまたまCBNを舞台に情報発信活動をされていたところ、最終的には自分自身の納得の行くメディアが必要だ、と感じてそれを実行に移した方々です。

そうした方々の活躍を見ていると、私は素直に嬉しく思うことが多いです。私自身、既存の自転車パーツレビューメディアに納得が行かなかったので現在のCBNの原型に着手しました。ですから、CBNは俺にとっては適切な舞台ではなくなった、と感じられた方々が、新しく何かを始められるのを見ると、CBN立ち上げの頃をよく思い出します。

何年も前から頻繁にCBNに遊びに来てくださっている方、数年ぶりにひょっこりレビューを投下してくださる方、短期間で大活躍をされた後ぱっと姿をくらましてしまった方。CBNを走り抜けた男達・いまもCBNを走っている男達は様々ですが、あらゆるタイプのCBNレビュワーの皆様にあらためて感謝したいと思います。

この記事を書いた人