ベラチスポーツで完成車を購入。到着までの日数と関税はどのくらい?

海外通販でたびたび利用しているスイスのショップ、ベラチスポーツ(Bellati Sport)。今年の春は久しぶりにロードバイクの完成車を注文したのですが、その時に到着までに要した日数や関税について書いてみます。

まずはこの履歴を見たほうが早いです。ちなみにベラチスポーツはスイスのメンドリジオという街にあり、私は東京都在住です。

ベラチスポーツで完成車を購入。到着までの日数と関税はどのくらい?

注文した翌日にベラチスポーツから発送されました。これは在庫のあるお得な商品を注文したため。そしてベラチスポーツのあるメンドリジオからスイスの国際交換局であるチューリッヒに付くまで2日かかっています。

そのチューリッヒから飛行機に載せられて日本へ向かうわけですが…ここが長かった。

私の場合、12日にチューリッヒを発った自転車が日本に入るまでになんと8日もかかりました。ただベラチスポーツの中の人に聞いてみたところ、これは非常に珍しいケースだそうです。確かに8日間もどこを飛んでたんだよ、という話ですが、どこか経由地に寄ったとか、スイスの郵便局を出た荷物がカーゴフライトに乗ったはいいものの、出発まで時間がかかったとか、そういうこともあるのかも。

神奈川県の川崎東郵便局に到着してからも、通関が終わって荷物が発送されるまで中1日。結局国内に着いてから東京の自宅に届くまでは3日。スイスのベラチスポーツのお店を出てから受け取るまでの合計所要日数は、15日間でした。

ずいぶんかかるなー、と思ったのですが、先にも書いたようにこれは珍しいケースだそうです。大体1週間程度で着くのが普通とのこと。そんなわけで、私のケースのように時間がかかる場合もあるかもしれないので、ベラチ利用者の方は念頭に置いておいたほうがいいかもしれません。

さて関税について。自転車のパーツや完成車には、基本的に関税はかかりません。無税です。通関手数料もチャージされません。ただし消費税はかかります。購入した自転車本体価格の60%に対して、8%の消費税。私が購入したのは30万円くらいの完成車で、1.4万円弱の消費税が発生しました。

なお自転車のパーツや完成車は基本的に関税はかかりませんが、購入金額が日本円で16,666円以下の場合、消費税もかかりません。つまりタイヤやチェーンのような小物を買って合計金額が日本円で16,666円以下の場合は追加で払うお金は発生しません。

ホイールのようなパーツはまず16,666円を超えますよね。すると消費税が発生します。本体価格の60%に対して8%の消費税が発生します。

気をつけたいのが、ウェアとシューズ。ウェアとシューズは、消費税はかからないかわりに、16,666円以下であっても関税が発生します。ウェアは購入金額の60%に対して10%、シューズは同じく購入金額の60%に対して、30%の関税がかかります。通関手数料(200円)もかかります。

まとめると、

ベラチスポーツでロードバイク完成車を購入する場合、本体価格の他に送料が大体1.7万円くらい。日本で受け取る時は、購入金額の60%に対して8%の消費税を支払う必要があります。到着までの日数は、通常であれば1週間くらい。私のようにちょっと運が悪いと2週間かかることもあるようです。

ベラチスポーツで完成車などを購入予定の方の参考になれば幸いです。ちなみにこの記事を書いている時点では、下のリドレー・ヘリウム完成車が安いですね。サイズSのアルテグラモデルで26.1万円です。

ベラチスポーツにはロードバイクのアウトレットコーナー、シクロクロスのアウトレットコーナー等に常時掘り出し物が多数あるので、たまにチェックしてみて下さい。

この記事を書いた人