Amazon ブラックフライデーセール開始!
フレーム・完成車

スポーツタイプのE-BIKEっていまどうなってるの?サイクルモード2018で各社の状況をチェックしてきました

スポーツタイプのE-BIKEって、いまどうなっているんだろう。日本では規制の問題もあるし、スポーツタイプのE-BIKEはあまり流行らないんじゃないかと思っていたので、正直あまり興味を持っていませんでした。しかしE-スポーツバイク、昨年から日本でもかなり勢いを増してきている印象があります。そこでどんなメーカーが何を考え、どんな製品を出しているのか、現状をサイクルモード2018でチェックしてきました。

SHIMANO

まずシマノから。シマノは「SHIMANO STEPS」という電動アシストコンポを発表していて、完成車メーカーに提供しています。シマノは完成車やフレームを作っていないので、コンポだけを開発・提供するんですね。そして「コンポ屋」であること、さらに「レーシングコンポーネントを知り尽くしていること」が強みとなっています。

SHIMANO STEPS

各メーカーさんにお話を聞いたところ、日本でE-BIKEを売る場合、様々な制限があることがわかりました。面白いところとしては、ユーザーが勝手にカセットやチェーンリングを交換してはいけないというお話。なぜかというと、ギア比が変わってしまって速度超過してしまうと、法律で定められた電動アシストの比率を超えてしまうことがあるからだそうです。

E-バイクは発売前に、チェーンリングの歯数、カセットの構成、搭載モーターの電気的仕様等を関係機関に申請しないといけません。そして、その仕様はユーザーが勝手に変えてはいけません。するとメーカー各社は最初から最適かつ最高のパッケージを考えないといけないわけですが、コンポーネントを全て自社で開発・製造しているシマノにとってここは有利。いちばんバランスのいいものを出せる位置にいるわけです。

SHIMANO STEPS

シマノは電動アシストの挙動の「味付け」に強みがあるそうです。どういうことか。例えばヤマハも電動アシストロードバイクを出していますが、オートバイ屋さんが設計するモーターの挙動と、シマノが設計するものとでは傾向が違う。踏み出した時のトルクはどのくらいがちょうどいいのか。足を止めた時の挙動はどんなものが気持ちいいのか。シマノはそのあたりの調整にかなり自信を持っているように見えました。

SHIMANO STEPS

SHIMANO STEPSが日本で本格的に投入されはじめたのは今年になってからだそうです。ヨーロッパではそれ以前から参入しています。またヨーロッパでも国によって規制の内容が微妙に違うため、細かい仕様を変える必要があるんだとか。そうした知見をベースに、満を持して日本で戦う、という感じでしょうか。

SHIMANO STEPS

ちなみに日本での電動アシスト自転車の規制は、いわゆるママチャリ、軽快車に対する規制も、E-スポーツバイクに対する規制も同じ。時速10km/h以下で最大1対2までのアシストが許可され、時速25km/hに達した時点でアシストがOFFにならないといけないのだそうです。

SHIMANO STEPS

ママチャリで使われている電動アシストユニットと、SHIMANO STEPSは機構的に何か違うのか。ママチャリ等で採用されている電動アシストモーターは、トルクを計測するスピンドルとアシストするスピンドルの2つを内蔵していて、重量が重くなるかわりに設計が簡単なのだそうです。SHIMANO STEPSの場合、軽量化のためにも軸は1つ。そのためやや複雑な設計が要求され、コストも高くなるそうです。

BOSCH

そんなシマノの最大のライバルと言えば、ドイツのボッシュでしょうか。ヨーロッパでのE-スポーツバイク市場でのボッシュの存在感は大きい。シマノ同様、フレームや完成車を出しているメーカーではなく、あくまで電動アシストユニットだけを提供しているわけですが、元々が自動車部品・電動工具のメーカーなだけに、電動モーターに関するノウハウは現状、シマノを大きく凌駕しているはず。ここがボッシュの強み。

BOSCH

ちなみに電動アシストユニットには、現状、標準化された規格がありません。製品はこういうディメンションで…というお約束がないので、完成車メーカーは例えば同じ電動アシストロードバイクに、「SHIMANO STEPS搭載モデル」と「BOSCH ActiveLine Plus搭載モデル」の2種類を用意する、という贅沢は、まずできません。シマノもコンポもSRAMもあるよ、というわけにはいかない。だから競争は熾烈です。

BOSCH

下はボッシュの電動アシストを搭載したCORRATECのシティサイクル。コラテックはドイツのメーカー。ドイツにはFocusやCanyonのような大メーカーもありますから、シマノから見ると最大の敵地になるんじゃないでしょうか。

BOSCH

BESV

次はBESV(ベスビー)というメーカー。これは、完成車メーカーです。小径車タイプからMTBタイプまで様々な電動アシストE-BIKEを開発・製造しています。よくワイズロードなどに試乗車が置いてあるのを見かけたことがある方も多いと思います。

BESVのE-BIKEには2種類あります。1つは、SHIMANO STEPSを搭載したモデル。もう1つは、リアハブやフロントハブに駆動用モーターを内蔵したモデル。後者はBESVの自社開発です(※ブース担当者のお話によると。モーター供給している会社は他にあるかもしれませんが)。

BESV

大部分のE-スポーツバイクがクランク部に電動アシストユニットを組み込んでいるので、ハブ駆動は大きい特徴。ただこのタイプはホイールの脱着がやや手間になるとブース担当者の方に聞きました。電源供給用のワイヤが接続されているからですね。

BESV

シティサイクルというジャンルでは、既に様々な製品を出しているだけあってデザイン面などは洗練されている印象を受けました。バッテリーをスマートに格納したダウンチューブもいい感じです。BESVとしてはハブ駆動モデルでシティサイクルユーザーを取り込みつつ、SHIMANO STEPS搭載モデルも開発することでスポーツバイクの世界でも存在感を高めていきたいと考えているように見えます。

BESV

YAMAHA

日本のモーターサイクルメーカー・ヤマハももちろん電動アシストスポーツバイクを出しています。ヤマハの立ち位置が変わっているのは、電動アシストユニットは自社開発ながら、フレームメーカー・完成車メーカーにはそれを(まだ本格的には)供給していないという点です。

フレームは自社開発。電アシ以外のコンポについてはシマノ製品に依存しなければならないものの、フレームとモーターについてはオートバイ屋さんの意地を見せたい、ということでしょう。

YAMAHA

独自開発の電動アシストユニットは、ヨーロッパの一部メーカーに対してOEM供給している場合もあるものの、現状、基本的には自社の完成車のためのもの。今後他の完成車メーカーから引き合いがあれば協業には前向きだそうです。

YAMAHA

ヤマハの電動アシストは航続距離の長い大型のバッテリーを搭載したモデル、航続距離こそ短いもののバッテリーが小型のシリーズの2つが主にあるようでした。四象限チャートで見るとこんな感じ。ヤマハの強みはやはりモーターサイクルの世界における豊富な知見と開発力でしょう。それをスポーツバイクの世界で最大化できるかどうかが今後の成長の鍵になってくると思います。

YAMAHA

Panasonic

パナソニックもE-スポーツバイクをリリースしています。これは知りませんでした。パナソニックといえば、自転車のノウハウはもちろんあるわけです。本格的なロードバイクフレームを自社開発しています。人気もあります。さらに本体は電気機器メーカーですから、モーターの開発という面でもゼロからの出発ではなく既存の資産を活用できるはず。ここが強みでしょう。

Panasonic

ぱっと見た感じ、ヤマハ同様電動アシストユニットの他社への供給はまだないようで、パナソニックブランドの完成車として売り出していくようです。素人想像ですが、リチウムイオンバッテリーの扱いについては他社よりもノウハウの蓄積があるのではないでしょうか。テスラと電気自動車(EV)の分野で協業してるわけですから、そこでの経験をうまく生かせるといいですね。

Panasonic

Panasonic

BAFANG

最後は中国メーカーのBAFANG。このメーカー、有名なのかどうか私はまったく知りません。ただサイクルモード2018ではかなり大きめのブースを構えており、様々な中華ブランド完成車やモーターを展示していました。どうも様々な完成車メーカーに電動アシストユニットを供給しているように見えるので、シマノやボッシュにとっては潜在的な脅威となるでしょう。

BAFANG

現在の技術力がどの程度のものなのかはわかりませんが、安かろう良かろうという製品を出すようになるとOEM市場を奪われます。ハイエンドの電アシロードやMTBはSHIMANOやBOSCHを搭載するけれど、ローエンドはBAFANGです、みたいな状況も十分に想像できます。

BAFANG

まとめ

今回サイクルモード2018で様々なE-スポーツバイクや関連製品を見て、またメーカーの方々にお話を聞いていて思ったのは、法律上の規制が全く同じ中で自社製品を差別化していくためには、製品づくりにそれぞれの強みを最大限に活かせるかどうかが鍵になる、ということでした。

例えばシマノならトータル・コンポーネントの世界で他社の追随を許さない知見があります。ボッシュはモーターのスペシャリスト。ヤマハはホンダ・カワサキと並ぶモーターサイクル界の重鎮。パナソニックはフレーム以外にモーター・バッテリー関連の知見もある。どのメーカーの担当者さんも、こういう自社の強みをどう活かしているか、活かしていくか、を熱く語っているのが印象的でした。

この記事の中で紹介したメーカーの中で、私が個人的にいちばん感心したのはシマノ製品でした。ユーザーは何を求めているか。どのような法的な制限があるか。どのような技術的な制限があるか。我々は何が強いか。他社製品と違うのはどんなところか。そういうことをかなり明確に、淀みなく語ってくれました。

シマノにはヴィジョンがある、と思ったのでした。しかも、かなり明確なヴィジョンです。他のメーカーの製品もそれぞれ魅力的ではありましたが、担当者さんのお話を聞く限り、シマノがヤバいと思いました。私は、最初に買うE-スポーツバイクはSHIMANO STEPS搭載のものを試してみたい、と思いました。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました