すべてのムダ毛を過去にする パナソニック・ボディトリマーER-GK60

2018年1月、CBNにある伝説的なレビューが投稿されました。それは

です。そう、これは今では日本のサイクリストが1人1本は持っていると言われる「例のポンプ」についての初レビューでした。これはOEMで様々なブランド名で出ています。例えばこれ。LANDCASTとありますが、上のOtureとモノは同じ。

他にもIRON JIA’S, PROSTAR, BLACKBIRDという名前もあります。

ところでこのメーカー、商品説明欄でこんな表現を使っています。「全ての携帯用ポンプを過去にする革新的ポンプが誕生しました。」下の画像、赤枠で囲ったところです。

すべてのムダ毛を過去にする パナソニック・ボディトリマーER-GK60

ところでbaruさんの例のポンプレビューにはこんな表現があります。

■まとめ
若干大げさな言い方をすれば「すべての携帯ポンプを過去にする」ような携帯ポンプです。

そう、こんなふうにbaruさんの表現をパクる人が激増しました。この業者以外にも、ブログでこの表現をパクっている人もいます。でも元はといえばbaruさんの表現なのです。

あまりに秀逸な表現なので、みんなパクりまくったのです。でも、ひねりもなにもなくて、つまらない。お前らCBNのネタパクって適当な仕事しやがって…

馬鹿野郎! いいか、パクリっていうのはな、こうやるのが正解なんだよ!(©momochi_gyugund先生)

すべてのムダ毛を過去にする パナソニック・ボディトリマーER-GK60

本題に入ります。この記事で紹介するのは「例のポンプ」ではなく、ムダ毛剃り、トリマーです。このパナソニック・ボディトリマーER-GK60はCBNに3件のレビューが寄せられ、Twitterでも話題になりました。

この製品、若干大げさな言い方をすれば「すべてのムダ毛を過去にする」ようなムダ毛剃りです。

では製品外観。の前に、パッケージ。男性ユーザーを意識しているのがわかります。というか明らかに男性用です。水しぶきの描写から丸洗いOKであることが予感されます。

すべてのムダ毛を過去にする パナソニック・ボディトリマーER-GK60

鍛え上げられた肉体。こりゃ体脂肪率8%以下だな…細マッチョ系です。

すべてのムダ毛を過去にする パナソニック・ボディトリマーER-GK60

これ1台で首から下の全身をととのえられるわけです。スネ毛はもちろん、脇毛、胸毛、おへそまわり、そして「Oゾーン」。後述しますが、この製品の最大の強みは「Oゾーンのムダ毛を安全に除去できる」点にある、と私は考えます。

すべてのムダ毛を過去にする パナソニック・ボディトリマーER-GK60

本体外観。先端の黒い部分は、最初から装着されている「肌ガードアタッチメント」です。デリケートゾーンを剃るときはこれを使うと長さ2mmでそろいます。

すべてのムダ毛を過去にする パナソニック・ボディトリマーER-GK60

奥に見えている2つの透明なクシみたいなものもアタッチメントで、それぞれ3mmと6mm。

すべてのムダ毛を過去にする パナソニック・ボディトリマーER-GK60

早速使ってみることにします。が、まず注油する必要があります。黒いアタッチメントをはずし、刃をはずして、付属のオイルで5箇所に油をさします。

すべてのムダ毛を過去にする パナソニック・ボディトリマーER-GK60

使う前に充電。8時間のフル充電で40分使えるようになるそうです。充電器が小さいのも魅力です。

すべてのムダ毛を過去にする パナソニック・ボディトリマーER-GK60

で、実際に使ってみました。ここは写真はありませんw

スネ毛、そしてVIOゾーンを剃ってみました。するとスネ毛については、T字カミソリほどの深剃りはできないのですが、作業時間が短くて感動。早く剃れます。

でもいちばん感動したのは、Oゾーンです。

Oゾーンを制する者は自転車を制する

サイクリストにとってOゾーンを清潔に保つことは超重要事項なのであります。ペダリングによってお尻が左右に動くわけですが、それにあわせてOゾーンまわりのムダ毛が粘膜を摩擦することがあります。そしてこの時、ムダ毛に排泄物が残っていたりすると、かゆみが生じることになるからです。

この問題に対するソリューションのひとつは、ウォシュレットを使うことです。しかし、いついかなる時でもウォシュレットを使えるとは限りません。どうしても紙を使わざるをえない場合があります。するとムダ毛に汚れが残ってしまうことがあるのです。

なら、そのムダ毛そのものがなくなってしまえば、Oゾーンまわりのあらゆるトラブルから解放されるはずですね。ムダ毛という存在そのものを、過去のものにしてしまうのです。

ちなみに使ったあとは丸洗いできます。簡易に洗う方法もあるのですが、やはりバラして洗ったほうがいいと思いました(結構中にカットした毛が残ります)。

すべてのムダ毛を過去にする パナソニック・ボディトリマーER-GK60

ポーチが付属します。この写真にはありませんが、お掃除用の小さいブラシが箱の中のトレイにはさまっているので、忘れずに取っておきましょう。私はあやうく捨ててしまうところでした。

すべてのムダ毛を過去にする パナソニック・ボディトリマーER-GK60

この製品、やはり最大の売りは「Oゾーンの処理」にあると思います。私はあまり体毛が濃くないせいもあって、単にスネ毛や脇毛を剃るだけなら、T字カミソリでも特に大きいストレスは感じません。毛が生えてくる時に痒いということもありません。

ただ剛毛系の方は新たに生えてくるスネ毛が皮膚にくいこむこともあって大変と聞きます。そうした方にとってはT字カミソリでの深剃りよりも、本機でアタッチメントを使わず、0.1mmにカットするのが良いと思います。

黒い「肌ガードアタッチメント」を装着していれば、間違って粘膜周囲をカットしてしまう、という心配もなくムダ毛処理ができました。

パナソニック・ボディトリマーER-GK60。それは「例のポンプ」そしてCATEYE VOLT800同様に、すべてのサイクリストが持っていなくてはならない最終兵器のひとつと言えるでしょう。

おわかりいただけただろうか。

パナソニック ボディトリマー お風呂剃り可 男性用 白 ER-GK60-W
パナソニック(Panasonic) (2017-05-01)
売り上げランキング: 176