OLYMPUS OM-D E-M5 II 後継機がなかなか出ないことに私は不満である

サイクリング時のメインカメラとして現在私はAPS-Cミラーレスを使っているのですが、数年前まではマイクロフォーサーズを使っていました。現在のカメラに大きい不満はないのですが、たまに「最近のm4/3はどんな感じなんだろう、また使ってみたいな」と思うことがあります。それで最新機種のことを調べていたりするのですが…どうもいま買いたいと思えるカメラがないのです。

E-M5 IIの後継機が出ない

いま出ているマイクロフォーサーズのカメラで私にとっていちばん魅力的なのは、オリンパスのOM-D E-M5 IIという機種です。これは軽量なだけでなく防塵防滴なので、サイクリング中にたすき掛けにしても疲れないし、雨が降っても平気。ファインダー倍率もフラッグシップのE-M1 IIと同等の0.74倍相当で見やすい。

OLYMPUS OM-D E-M5 II

そしてペンタ部(ペンタプリズムは入ってないけど)のデザインが、私が大好きだったフィルム時代のOMシリーズにいちばん近くて萌えるんですよ。外観的にも、サイズ的にも「機動性の高い小型軽量のOM」のDNAを受け継いでいるモデルだと思うのです。これだよ。これがOMなんだよ…!

でもね、このE-M5 mark IIは発売が2015年2月とやや古いのです。来月で4歳。そろそろ更新されるべき時期です。実際2017年秋に出た、より格下のモデルであるE-M10 mark IIIよりも機能やソフトの面では劣っている部分が多々あります。

単純に素晴らしい画質を求めるなら、E-M5 IIよりE-M10 IIIのほうが良いはず。でもサイクリストとしては防塵防滴でもあるE-M5 IIの後継機、E-M10 IIIを超える画像処理エンジンと新センサーを搭載したE-M5 IIIのようなものが出てくれたら、それに越したことはないのです。

今月発表される新しいOM-DはE-M1 IIの後継機

しかしそのE-M5 IIIらしきカメラが出る気配は一向にありません。オリンパスは今月1月24日に新しいOM-Dを出すと言われています。それはE-M1 IIの後継機であることはほぼ確実で、機種名はおそらくOM-D E-MXになるだろうと言われています。

OM-Dのフラッグシップ、E-M1 IIはすごく良いカメラだとは思うのですが、サイクリングに持っていくカメラとしては私にとって少し大きい。あと重い。あのサイズと重量ならAPS-CのFUJIFILM X-T20でいい。マイクロフォーサーズならやはりE-M5 II以下のサイズでないと。そう思うのであります。

ところがどっこい、まもなく発表予定のE-MXというカメラは、E-M1 IIに縦グリップを搭載したような、Canon EOS-1DX系のいでたちをしているのです(さすがにサイズはあんなにでかくないとしても)。OM-Dの中でいちばんデカいカメラなのです。

つまりE-M1 II後継機は、サイクリスト向けのカメラではない。というか、レースで走っているサイクリストを撮るには良いカメラかもしれません。辻啓さんや砂田弓弦さんが使うようなカメラ。動物やF1やスポーツといった動きものを快適に撮れるカメラに仕上がっているようです。でも私のようにサイクリング中に風景や街を撮る人のためのカメラではないらしいのです。残念。

E-M5 II後継機が出ない今、E-M10 IIIが気になりはじめていてヤバい

というわけで、マイクロフォーサーズまた使いたいなぁ、と思ってはいるものの、本当に買いたいカメラがないというマイクロフォーサーズ難民状態なのであります(PEN系とLUMIXはいろいろあってとりあえずパス)。

E-M5 II後継機が出てくれたらそれがいちばんいいんだけどな…

などと思いつつ、2017年秋に出た格下モデル、E-M10 IIIのことをいろいろ調べて、お店で触ってみたりしているうちに、E-M5 IIに比べて優れている部分が多いことに気付きはじめました。

まずAFポイントが多い。そしてAFカバー範囲も広い。でもいちばんすごいのが「AFターゲットパッド」という機能。

これは何かというと、ファインダーを覗きながら背面液晶を親指でなぞることでAFポイントを選択できるというものすごい便利機能。普通のカメラだと十字キーでポチポチAFポイントを移動させて…とやるのですが、あれを瞬時に指先でできる。EVFを覗いたまま、です。

これほんと便利。サイクリング中に野生のチーターやコンドルをみかけても一瞬でピントを合わせられる。シャッターチャンスを逃さない。…って違うか。でも使ってみて便利だな〜、と思いました。

あとは世代が後なだけあって高感度性能はE-M5 IIよりも上。問題は防塵防滴でないところだけれど、これは予想外の雨が降ってきたらビニール袋に入れて口を縛って急場をしのぐ、というような対処をするしかありません。まぁ今使っているFUJIFILM X-T20にしても防塵防滴ではないのでここは切り捨ててもいいか…

FUJIFILM X-T20

ただE-M10 IIIの外観は、正直あまり好みではない部分があります。ペンタ部(ペンタプリズムは入ってない)が妙に丸っこくて、OM-1やOM-2のシュッとしたあの三角が好きだった人間としてはちょっと違うんですよ。あそこのデザインはE-M5 IIがいちばんフィルムOMに近い。

でも不思議なもので眺めているとこれはこれでいいかな、悪くないじゃないか、フィルムのOM-10にもちょっと似てるじゃないか、などとも思えてきます(この段階でもはや自分を説得に入っているw)。

さらにですよ。値段を調べると、いまamazonでE-M10 IIIのダブルズームキットのブラックが68,900円とかで買えるんですよ。M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZという標準ズーム、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 Rという超望遠ズームの2本がついてくるんですよ。

OLYMPUS OM-D E-M10 III

うん、キットレンズなんかいらないよ、という声も聞こえてきます。そりゃあ単焦点買いますよ。あと広角ズーム。でもね、これはあればあったで便利なのよ。特に40-150mmなんかはサイクリング中に野生のチーターを見かけた時でも対応できる。絶対に持っておいたほうがいい。後から単品で買うとわりと高いんだ。

と、そんなことを考えつつリサーチを続けていたところさらなる衝撃情報に遭遇しました。それは何か。

オリンパスはいま「選べるボーナスキャンペーン」というのをやっていて、1月20日までにE-M10 IIIやE-PL9を買えばキャッシュバックしてくれるらしい。たとえばE-M10 IIIのダブルズームキットを買うと、10,000円のUCギフトカードがもらえる。

ということは、E-M10 IIIのダブルズームキットを事実上、58,900円で買えるということになります。安すぎだろ! E-M5 IIを凌ぐ画質、優れたAF性能を持つマイクロフォーサーズボディにレンズが2本ついて…58,900円。ちなみにE-M5 IIはいまボディのみで56,865円が最安。これは…もうE-M10 III行くしか…

さて、この話はいったいどんな結末を迎えることになるのだろうか…

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkIII EZダブルズームキット ブラック
オリンパス (2017-09-15)
売り上げランキング: 72,853

関連記事

今日は私がサイクリング時に持っていくカメラの話をします。最近はもっぱらFUJIFILM X-T20ばかり使っています。そしてレンズはいつもX...