ドイツのBIKE-COMPONENTSもシマノ製品の日本向け販売を終了へ

WiggleやChain Reaction Cycles, Probikekitといった英国の海外通販大手がシマノ製品の特定地域(日本を含む)への販売を終了したのは今年の1月。そのあたりの事情については次の一連の記事で紹介しました。

そんなわけで英国系の海外通販ショップの大部分はもう日本にシマノ製品を売ってくれなくなったのですが(一部在庫処分品を除く)、先日私が買い物をしたドイツの通販大手・BIKE-COMPONENTSからも「6月1日以降シマノは売れなくなります」というメールが届きました。

BIKE-COMPONENTSも6月1日からシマノ製品の特定地域への販売を終了

届いたのはこんなメールです。

ドイツのBIKE-COMPONENTSもシマノ製品の日本向け販売を停止へ

Hi,

We are contacting you because you have ordered from countries in the past where we can no longer, starting on the 01.06.2019, offer Shimano products to. The reason for this are changes to the sales concept of the manufacturer. Sadly, we are required to follow these changes.

こんにちは、

あなたにご連絡しているのは、6月1日以降私達がもうシマノ製品を販売できない国からあなたが過去に注文したことがあったからです。理由は製造者の販売コンセプトに変更があったためです。残念ながら私達はこれらの変更に従わなくてはなりません。

これを読むとシマノは大陸ヨーロッパでも小売店への卸入れポリシーを変更しつつあるように見えます。

シマノが安売りを許容しなくなった理由

これまでの情報をまとめるとWiggleやCRCのような大手がシマノ製品を安く販売できていたのは「完成車用のOEMパーツ」という名目でバルク品を低価格で仕入れることができていたから、と言われています。

海外通販ではよくパーツが箱に入っていないことがありますが、それはこういう特殊な契約で仕入れたものだから、という説があります。

北米をはじめとする世界中の店舗型自転車店はこれに大きく反発してきました。そしてシマノと違って販売価格を厳しく統制しているSRAMを強く推すショップが増えつつある、という話も聞きます。

シマノ製品の特定海外国への販売終了の動きは今後ドイツの他のショップ、西ヨーロッパの多くのオンラインショップも追従するのではないかと思われます。

シマノは英語圏で「ブリック・アンド・モルタル」と呼ばれるリアル店舗に愛想を尽かされてしまう前に、SRAMなみの価格統制に踏み切ることで信頼回復を図ろうとしているのではないかという気がします。

でも最後の10%OFFクーポンあり

しかしここで朗報と言えば朗報です。BIKE-COMPONENTSから受け取ったメールには最後にこんなことが書かれていました。

いい値段のシマノ製品を再度手に入れていただくために、10%OFFの割引コードを提供します。

SHIMANO10

というわけでシマノコンポを安く入手したい方は現在「SHIMANO10」コードが使えます。6月1日まで。

shop Shimano | bike accessories, bike parts – bike-components

BIKE-COMPONENTSって大丈夫なの?

BIKE-COMPONENTSは私もたまに利用していますが、サイトは使いやすく商品情報も正確です(ただしインターフェースは英語・ドイツ語・スペイン語・フランス語のみ)。技術的に詳しいスタッフが多い印象。

発送はDHLしか選べないので送料はやや高めです。そしてDHLとはいっても日本郵便が届けにくる場合もありました。商品到着までは10日前後が多く、これまでに利用していてトラブルは経験していませんが、ご利用はもちろん自己責任で。