R250のフロントポーチ、レギュラーとラージサイズを試す。収納量を期待しなければ良い製品

R250(アールニーゴーマル) の「フロントポーチ・レギュラー」と「ドラム型フロントポーチ・ラージ」の2製品の比較レビューです。

R250は大阪の自転車ショップ大手「ワールドサイクル」が手掛けているプライベートブランド。

どちらも同じタイプの製品で、ハンドル・ステム・ヘッドチューブまわりの3点にストラップで固定するため、走行時も安定しています。ステム脇のデッドスペースを有効活用でき、ペダリング時に膝も当たらないところなど、便利な製品です。

R250による製品紹介は次のようになっています。

ちょっとした停車時間でも、携帯食やボトル、スマホやカメラをさっと取れる便利なポーチ

レギュラーとドラム型(ラージ)の比較

まず2つのサイズを比較してみます。公称寸法はレギュラーが「幅:100mm 奥行:70mm 高さ:170~240mm」、ラージが「直径:100mm 高さ:170~230mm」となっています(奥行というのがやや意味不明です)。

レギュラーは500mlペットボトルサイズ

下の写真は左がレギュラー、右がドラム型のラージです。コカコーラ・ゼロの500mlペットボトルを入れた状態です。大きさ感の参考になると思います。

R250 フロントポーチ レギュラーとR250 ドラム型フロントポーチ

上から見たところです。レギュラーサイズはこのボトルを入れたら後は何も入りません(サイドにメッシュポケットはあります)。まさにこのサイズのボトルに合わせて作られているように感じます。一方ラージサイズのほうはボトルの脇にinバーのような携行食が2〜3本入るスペースがあります。

R250 フロントポーチ レギュラーとR250 ドラム型フロントポーチ

ウイダー inバー プロテイン ベイクドチョコ (12本入×1箱)
森永製菓 (2013-04-22)
売り上げランキング: 25,495

どちらも防水性なし

どちらのモデルもこういう延長フードが付属しています。より縦に長いものを入れる場合はサポートになってくれそうですが、残念ながら防水性はまったくありません。しかもドローコードを引っ張ると蓋が中央に凹むので、雨水はそこから中に落ちていくでしょう。電子機器を入れる場合、雨天での使用は難しいものがあります。

R250 フロントポーチ レギュラーとR250 ドラム型フロントポーチ

容量はどちらも大きく期待しないほうが良い

レギュラー・ラージともに、携行食を入れるフードポーチとしては容量的に申し分ないと思います。

しかしレギュラーは、スマホとコインパースを入れたらほぼ満杯(inバー1本程度は入る)。ラージはスマホ・小銭入れ・ミニワイヤーロック・携行食が入る感じです。

カメラはコンデジなら可。ミラーレスは微妙

私はミラーレス一眼を入れようと思って最初レギュラーを買ったのですが、これは全く入りませんでした(サイズをよく調べないで買ったのでメーカーが悪いわけではありません)。

RICOH GRのようなコンデジは入ると思いますが、小型マイクロフォーサーズのOLYMPUS OM-D E-M10 MarkIIIにパンケーキレンズを付けたものは完全にアウト。

そこでより大容量のドラム型・ラージサイズを買いました。するとE-M10 MarkIII + LUMIX G 20mm/F1.7はなんとか入ります(写真下)。

OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III

が、入りはするのですが本当にギリギリで、取り出す時にカメラの筐体やレンズがズリズリと擦ります。撮ろうと思った時にすぐカメラを手に取りたい、という目的で導入を検討したのですが、サイズ的にこれは無理でした。

ただしラージサイズであればLUMIX GM系の小型ボディと小型レンズなら何とか使えるでしょう。コンデジも問題ないです。ただ、カメラを入れたらそれ以外には何も入らないと思ったほうが良いです。「スマホとコンデジ」の両方はラージなら何とかなると思いますがスマホはカバーが必須です(裸だとスマホにもカメラにも傷が付くはず)。

シングルスピードバイクのドリンクホルダーとして

というわけで、カメラを入れる目的での使用はあきらめました。しかし「ボトルケージのない街乗りシングルスピードバイク用のドリンクホルダー」として使っています。下はラージサイズの写真ですが、ボトル入り飲料を入れると、あとはスマホがギリギリ入る程度で、小銭入れは入りません。

R250 ドラム型フロントポーチ

もし「ボトル+スマホ+小銭入れ」の3つが入ってくれれば、ポタリング用にはバッチリなのですが(鍵はバイクに付けてあります)、ラージサイズでも容量的にはどうも微妙です。

そしてドリンクや携帯食専用にするのであれば、この立派なイエローのフードはなくても良いように思いま(あったらあったで走行中にモノが吹っ飛んでいかないというメリットはあるでしょう)。

R250 ドラム型フロントポーチ

と、どちらもいろいろとモヤモヤの残る製品でした。どちらのサイズも、ビッミョ〜な感じで、私の個人的な需要を満たしてはくれませんでした… ただ、それは勿論私に限った話です。

用途を限定すれば良い製品

ただこれはイチャモンのようなもので、携帯食だけ、あるいはドリンクだけを入れるのであれば特に困らない製品だと思います。

しかしラージサイズはもう少しだけ大きいと本当にありがたかった… 直径があと3cm、いや2cm大きければ、「ミラーレス+パンケーキレンズ」用のポーチとしても、「ボトル+スマホ+小銭入れ」としても大活躍してくれそうです。

「エクストララージサイズ」があればなぁ、というのが私の感想ですが、何を持ち運ぶかは人によって違うので、これでジャストサイズ、という方も多いでしょう。

デザインはスッキリしていて格好良いと思います。また、どちらも外側にメッシュポケットがあるのでそこにプロテインバーなどを突っ込むことは可能です。

シングルスピードバイクのドリンクボトル入れとして使う場合は、ボトル以外には何も入れないと割り切ってレギュラーサイズを選んだほうが外観的にはスッキリするのでそちらのほうが良いと思います。

レギュラーサイズは一般的なサイクルボトルも入ります。ジャストフィットです(あまりにジャストフィットなので入らないボトルも一部あるかもしれません)
この記事を書いた人