Amazon Music Unlimited 30日間無料お試し
よみもの

何故自分で言わないのか、不思議ですね(高千穂遙氏からの批判について)

先日こんな記事を書きました。クリス・フルームが楽しそうに荒川を走っているよ〜! という内容です。

クリス・フルームが荒川サイクリングロードの岩淵水門に出没
さいたまクリテリウムに来日中のクリス・フルームが荒川サイクリングロード(東京〜埼玉)の岩淵水門に出没しています。彼のInstagramアカウントにこんな投稿がありました。 この投稿をInstagramで見る ...

するとこんな反応が寄せられている、とフォロワーさんに教えていただきました。

前走2車は並進、フルーム選手は保安部品なしの手放しで荒サイを驀走。それを報じる自転車レビューサイトも、法律違反には言及皆無。いろんな意味で、朝からがっかりしています。

確かにクリス・フルーム選手の前を走るクヴィアトコフスキーとバルデは並進しています。

フルームのハンドルバーにはベルがあるようには見えません。

そんなん知ってるわw

彼が「驀走」(ばくそう。勢いよく突き進む)しているかどうかは、この写真からは私にはわかりません。

まぁそれは置いといて。これですよ。

それを報じる自転車レビューサイトも、法律違反には言及皆無。

私は警察じゃありません(笑)

思うんですが、フルームやクヴィアトコフスキー、バルデに言いたいことがあるのなら、直接言えばいいのです。

ただこの記事を書いている時点で、この高千穂遙という方による、フルームの当該Instagram投稿やTwitterへの「進言」 は見当たりません。

なぜでしょうね。英語で書くのが面倒なのでしょうか。

でも、いくらでも翻訳して書けますよね。

朝からガッカリしているヒマがあったら、言ってくればいいじゃないですか。

だって、自分にとって大事なことなんですよね?

で、上の高千穂遙氏のツイートへのコメントにはこんなものがあります。

撮り鉄の無法と同じで、それを助長するメディア側が法律違反や遵法啓蒙しない事例が多いですね
自社の利益だけを吸い上げて公共や他社に負担を押しつける現状は本当に困ります

これもすごい。まるで私が法律違反を助長しているかのような書き込みです(笑)。

フルームに言いたいことがあれば、自分で言えばいいんですよ。

なんでそうしないんだろう。

フルームみたいな偉い人には自分では何も言えないから、こういう小さい自転車レビューサイトのせいにして、溜飲を下げているのでしょうか。

そうすることによって、何が得られるのでしょうか。あ、その人は「いいね」がいっぱいもらえるのか(笑)。

自分の取り巻きに気に入られるために、見ず知らずの他人の揚げ足を取ってディスるっていうのは、低級な人間のやることですよ。

それによって得られたハートマークは「いいねの数」ではなく「恥の数」です。

小説家は、SNSではなく作品で勝負すべきです。

実は、私は高千穂遙氏の作品はいくつか拝読していて、感動した作品もあります。それだけに氏のこのSNS投稿にはそれこそ「がっかり」しました。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました