天使の視点 GoProが選んだ2019年のMTB動画ベスト10

GoProが昨年12月28日、YouTubeに「GoPro: Top 10 MTB」という動画をアップしていました。2019年にGoPro機材だけを使用して撮影されたMTB動画のベスト10です。3分15秒にまとめられているので是非ご覧ください。

GoPro: Top 10 MTB

最初に10位のDylan Starkの動画からはじまります。

  1. Crankworx in #HyperSmooth with @jakubvencl
  2. Darkfest 2019, need we say more?
  3. Red Bull Rampage with GoPro Family member @brendog1
  4. MTB in Indonesia with GoPro Athlete @geoffgulevich
  5. Helmet POV from @downpuertovallarta with GoPro Athlete @SamPilgrim
  6. Welcoming GoPro Athlete @jacksongoldstone
  7. Stairsets with GoPro Athlete @SamPilgrim
  8. The Athertons, GoPro Athletes @rachybox, @dan_atherton, @gee_atherton
  9. Taxco with GoPro Awards recipient @AntoniVilloni
  10. Pinkbike Best Line Contest winner @whoisdylan at El Toro

どれも自分で真似したら100%即死間違いなしのライドですが、見ている分には興奮します。

Urban Downhill MTB with Antoni Villoni in 4K

個人的にすごいなぁと思った動画のひとつが9位にランクインしたAntoni Villoniのライド。GoPro Fusionを使った360度動画です。

4Kで撮影されているので再生環境がある方は4Kでご覧になってみてはどうでしょうか。私は普通のFull HDで見ていますが、それでも臨場感がありすぎて乗り物酔いしてきます。

360度動画はこういう狭い路地の階段を駆け下りていくようなMTBライドにまさにうってつけという感じがします。機材とロケ地と動きがベストマッチです。

Angel View:天使の視点

ところで上の動画、どうやって撮っているんだろうと思う方は多いと思います。ライダーを上から見下ろしていますが、カメラはどこにあるのでしょうか? ドローンでも追いかけてきているのでしょうか?

下は上のAntoni Villoniの動画から一部分を切り出したものです。左側の壁を見ると、Villoniのヘルメットから棒が伸びていてそこにカメラが設置されていることがわかります。

GoPro Awards: Urban Downhill MTB with Antoni Villoni in 4K

GoPro Awards: Urban Downhill MTB with Antoni Villoni in 4K © GoPro

撮影に使用されたGoPro Fusionは前後2つのレンズで360度を撮影するので、編集時に少しだけズームインするとこんなふうにカメラ・スティックが消えてしまうそうです。両目を開いていると自分の鼻が見えなくなるのと似た原理です(片目にすると鼻が見えてきます)。

GoPro Fusion後継モデルのGoPro Maxでも当然可能で、この魔法のような効果は英語圏では”Angel View”(天使の視点)と呼ばれているようです。

360度動画、楽しそうなのでいつか挑戦したいと思いますが、編集はなかなか時間がかかると聞いています。大体いつも同じ角度から見下ろすような感じにすればそれほど大変でもないのかな?

いずれにしてもGoPro MaxはHeroモードにおける水平維持機能が気になっているので、安くなったら買ってみたいと思っています。

この記事を書いた人