オルトリーブのパッキングキューブが期待していたものとは少し違った話

当たり前のことではありますが、買ってみた製品が毎回毎回最高で素晴らしいものとは限りません。たまにはガッカリ製品、ざんねんアイテムに当たってしまうこともあります。

今回はガッカリ、というわけではないのですが、買ってみたら期待していたものと結構違う微妙なモノであった。というお話です。

オルトリーブのパッキングキューブ

下はだいぶ前に購入したオルトリーブのパッキングキューブという新製品です。5月に「オルトリーブから新製品・パッキングキューブとコミューターインサートが登場【パニアバッグ愛用者必見】」という記事で紹介しました。パニアバッグの中に入れて使うものです。お値段、6,500円くらいでした。

オルトリーブ・パッキングキューブ

オルトリーブのパッキングキューブ

パニアバッグというのは基本的にただの大きい筒状の袋なので、モノはいっぱい入りますが、衣類や自転車修理ツールやカメラ、キャンプ用品などを適当に放り込むと取り出しにくかったり、固いものには傷が付いたりします。そんな時このパッキングキューブがあると整理整頓が捗ります。

自立はしません

しかし、です。オルトリーブの下の商品写真を見ていた私は、このパッキングキューブは「モノを入れなくともある程度自立してくれる程良い固さの、スタックできるソフトボックス状のものであろう」と思いこんでいたのです。

PACKING CUBES FOR PANNIERS

PACKING CUBES FOR PANNIERS © Ortieb

ところが受け取ってビックリ、実際はペッタンコになる袋でしたw きれいに折り畳める袋ですww 何も入れないと積み上がってくれませんwww

オルトリーブ・パッキングキューブ

自立しない…?

まぁ、これは製品が悪いとは言えません。そんなの当たり前だろ、パッキングキューブとはそういうものだ、と言われればそれまでです。

しかしそれならAmazonでもっと安い汎用のパッキングキューブがいくらでもあるわけで、6,500円でこれを買う必要はなかったかな、と思ったのでした。

モノは良いです

品質は良いです。ある意味、無駄に良い… 薄くて軽いのはむしろ助かるという人もいるでしょう。重さは3つの袋の合計で実測約220gでした。ちなみにベトナム製です。

オルトリーブ・パッキングキューブ

品質は良いのだが…

使えないかというとそんなことはありません。服を詰めればパンパンになりますし、カメラを最上段に入れたければ別途ソフトボックスをこのキューブの中に詰めれば良いのです。

最下段は宿で使うトイレタリー用に良さそうです。この小さい袋だけハンドルが付いています(上の写真参照)。中段は着替え、最上段はスマホや財布やカメラ等々すぐに取り出したいものを入れる、と。

あと、防水です。まぁ、これを入れるオルトリーブのパニアバッグが既に防水なんですが… 安心といえば安心です。

オルトリーブ・パッキングキューブ

防水ではあるのだが…

とは言えやはり6,500円のうち半分はブランド料という気がします。まぁ、結局使うんですけどね。イメージと違っただけで、モノが悪いわけではありません。逆にこの薄くて軽いこの仕様のほうがいい、という方もいるかもしれません。お買い物の参考になれば幸いです。

この記事を書いた人