シューズ

サロモンのトレイルランニングシューズ・XA PRO 3Dでサイクリング&山道を楽しみたい

Salomon(サロモン)のトレイルランニングシューズ XA PRO 3Dを紹介します。ただし本格的なトレイルランではまだ使用していないため、なんちゃって林道・普段のランとフラットペダルの自転車で使ってみた軽い感想にとどまるのであらかじめご了承下さい。

自転車+山歩きのために買ってみた

今年の8月頃、「サイクリングと山歩き」を組み合わせたアクティビティで快適そうなシューズを探している時に見つけて購入しました。具体的にどんな場所で使いたいかというと、たとえばフラットペダルのブロンプトンで茨城県の「つくばりんりんロード」を走り、筑波山神社から登山道を歩いて頂上を目指す、という感じの遊びです。

サロモン トレイルランニングシューズ XA PRO 3D

東京近郊なら狭山湖の林道をグラベルバイクで堪能したあと、付近のオフロードでひとっ走りして汗をかいたり探検したり、といった用途を考えていました。残念ながら諸事情でそれらの遊びはまだ果たせていないのですが、東京湾付近の自然公園や近所でのラン、そしてフラットペダルのバイクで使っています。

サイズ選びに注意

このシューズ、サイズ選びが難しいという声があります。Amazonレビューでも少し小さめだった、という声が散見されるのですが、私も普段どおりのサイズで買ったところ、初期は確かに爪先付近が少し小さめに感じました。

サロモン トレイルランニングシューズ XA PRO 3D

シューズの中で足がほとんど動かないようにするためのデザインなのかもしれませんが、爪先付近は最初、大げさに言うとボルダリング用シューズのような締め付け感で(勿論あれほどひどくはない)、これは長時間使うのは厳しいかな、と心配していました。

サロモン トレイルランニングシューズ XA PRO 3D

しかし結局は杞憂で、4kmほどの距離を2回も走ると違和感はなくなりました。使い続けるとわりと広がるようです。通販で買う方は、外で実際に使用する前にサイズ感・フィット感をよく確認したほうが良いでしょう。0.5cm上のサイズがちょうど良い人もいるかもしれませんが、私の場合はそれだと逆に少し大きすぎると思うので、悩ましいところです。

走って良し、漕いで良し

まだなんちゃって林道しか走っていないわけですが、それでも爪先と足首の固定感、砂利道でのソールの滑りにくさには感動します。それでいてアッパーもソールも硬すぎないので疲れません。また自転車のフラットペダルで使っても何の違和感もない、どころか、かなり気持ち良いです。片側354gありますが、もっと軽く感じます。

サロモン トレイルランニングシューズ XA PRO 3D

クイックレースも便利です。締める時はただ下ろして、ゆるめる時はボタンを押しつつ引き上げるだけ(このボタンがやたら固いのですが、押さなくても上がったりします。レースに良くないかもしれませんが)。

サロモン トレイルランニングシューズ XA PRO 3D

そしてこのクイックレースを格納できる便利ポケットがあります。

サロモン トレイルランニングシューズ XA PRO 3D

注意点としては、アッパーのメッシュ素材は防水性がないので泥道や水たまりに入ったらずぶ濡れになります。雨の後のオフロードでは気をつけたほうが良いでしょう。

というわけで本格的なトレイルラン・トレイルウォーキングでの使用感は次回に持ち越しですが、近場のオフロードや砂利道で使ってみた感じではとても気に入っています。

価格はカラーによって違いますが、私のChive/Black/Belugaカラーは¥13,087で、当時は15%OFFクーポンが出ていたので¥11,124で買えました。

そして本記事時点でも15%OFFクーポンが出ています。11/23日に終了するセールなので、このシューズが気になっていた方はこの機会にどうぞ。

著者

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました