サドルは3Dプリンタの時代へ突入 フィジークとスペシャライズドが新製品開発を発表

サドルのパッドは新しい時代に突入しそうです。フィジークとスペシャライズドがEUROBIKE 2019期間中に相次いで新しいタイプのサドルを開発中であることを発表しました。

両社とも米Carbon社の技術を使用

いずれもアメリカ・シリコンバレーに本拠を置く3Dプリンティング会社のCarbonが開発した”Digital Light Synthesis”(デジタルライト合成)技術を使用し、最終的にはひとりひとりのライダーの生体構造に合わせたパッドを製造することが可能になるようです。

フィジークのアダプティブ・サドル

まずフィジークの新サドルから見ていきましょう。フィジークではデジタルライト合成技術を使用したサドルを”Adaptive”(アダプティブ、適応できる)という名前でブランディングし、Antares Versus Evo 00 Adaptiveが最初の製品になるようです。

以下はフィジークのウェブサイトから。

Antares Versus Evo 00 アダプティブ・サドルはシームレスに設計されたゾーナル・クッショニング、サポートとパワー伝達特性のあるパディングを特徴としています。

この革命的なパディングはデジタル製造技術のパイオニアであるCarbon社が開発した最先端の3Dプリンティング・テクノロジーであるDigital Light Synthesis(デジタルライト合成)を用いて制作されます。このユニークな特性のおかげで、将来的にライダー個々の生体力学データに合わせたサドルを生産できるようになります。

ANTARES VERSUS EVO 00 ADAPTIVEより

動画による説明もあります。

デジタルライト合成技術のおかげで、これらの小さいグリッドの密度を自在に調整できるようになるそうです。

スペシャライズドのミラー・テクノロジー

スペシャライズドもCarbon社の技術を使用します。両社の協業の様子がよくわかる動画がこちら。

以下はスペシャライズドのサイトから。

Carbon社のデジタルライト合成技術で液体から物体を作り上げることで、私達はあなたの生体構造を完璧に反映する「ミラー・テクノロジー」を開発しています。

この革命的なプロセスは複雑な格子構造を生み出し、フォーム素材では不可能なやり方で素材の密度を無限に調整することを可能にします。私達はミラー・テクノロジーを使用し、特許出願中の個別に調整可能な14,000の支柱と7799の結節点を持つ格子構造をフィーチャーしたパワー・サドルを開発中です。

THE PERFECT REFLECTION OF YOU – INTRODUCING MIRROR TECHNOLOGYより

上の動画での担当者の方の説明によると、スペシャライズドはデジタルライト合成技術を使用したこうした3Dプリンティングによる製品をサドル以外のタッチポイントにも応用していくのだそうです。

サドル以外のタッチポイントとなると、ハンドルまわりやヘルメット、シューズでも「ミラー・テクノロジー」が使われるようになるのかもしれないですね。

アディダスは2017年からCarbon社と協業

ところでCarbon社は2017年からアディダスとも仕事をしており、いろいろなスニーカーを出しています。最新作はALPHAEDGE 4Dというモデルで、「ADIDAS 4D」の名で呼ばれているミッドソールテクノロジーが使われています。ここにデジタルライト合成技術が使われているわけですね。

ただアディダスのこれらのシューズはまだひとりひとりのユーザーに合わせたカスタマイズができるわけではないようです。それでもソールの厚みや弾力性などをかなり細かく設計・調整し、それをスピーディーに製品化できるメリットがあります。

フィジークやスペシャライズドのサドルがどのように提供されるのかはまだ不明ですが、恐らくカスタマイズ可能な高価なカスタム製品に限らず、様々なレディメイドのモデルにもCarbonの技術が応用されるような気もします。金型をつくるよりコストも時間も短縮できるでしょう。

この記事を書いた人