TNIの超軽量ボトルケージ JUST9とJUST7

今年のサイクルモードで楽しかったブースのひとつはTNIブランドを扱うトライスポーツ。おもしろいものをいろいろ触らせてもらったのですが、超軽量ボトルケージの「JUST9」(ジャストナイン)と「JUST7」(ジャストセブン)は持った時の軽さにビビりました。

JUST9

これが公称9gのジャストナイン。「9gだけ」というネーミング、響きも良くて製品の特徴もよくわかるのでいいなと思いました。めっちゃ華奢そうに見えますがわりとたわまない感じです。

TNI Just9

JUST7

こちらはさらに軽量なジャストセブン。7g。ネジはこれに合うもの(低頭タイプ)を自前で用意する必要がありますが、とにかく軽い。なかなかお店で売っていなかったりするので、こういうものを手にとって確かめられるサイクルモードの展示は貴重です。展示方法も超軽量な釣り糸に吊るしていたりと軽さが伝わりやすくてありがたいですね。

TNI Just7

どちらもホールド性はあまり高くないように思われるので、シートチューブ用にするなど工夫すれば良さそうです。あとはボトルでなく輪行袋専用のケージにしてしまうのもありですね。フカフカの袋なら全く問題なく使えるでしょう。

実勢価格は9gのジャストナインが¥4,980。amazonだとキャッシュレス5%還元対象になっていて、¥4,731で買えます。

7gのジャストセブンは¥8,350でこれもキャッシュレス還元で¥7,933。2gでお値段相当跳ね上がりますね(笑)。なおこちらは「ボトルケージボルトは、ボルトのヘッド部分のハイトが低いものをご使用ください」との但し書きがあります。ボルトは付属せず。

TNI Just7 カーボンボトルケージ
TNI
売り上げランキング: 237,382

ヒルクライム用バイクにも勿論いいですね。見た目もシンプルでいいです。

カーボンバイクならTNIのケージ、スチールバイクならユニコのケージかな?

見た目シンプルと言えば、私がいま愛用しているのは下の記事で紹介した「UNICO BIKE’N ROLL ステンレスボトルケージ シルバー」。

エアロロードでサイクリングロードをガチで往復してくる、なんていう時は普通のサイクルボトルでいいですよね。でももう少しゆるいライド、ツーリング...

UNICO BIKE’N ROLL ステンレスボトルケージ シルバー

これもすごく良いのですが実測重量51g。TNIのジャストナインなら5.6個分、ジャストセブンなら7.2個分の重さ! まぁお値段¥1,598とコスパはすごく良いのですが、カーボンバイクならTNI製品のほうが当然似合うと思います。

UNICO(ユニコ) BIKE'N ROLL ステンレスボトルケージ シルバー
UNICO(ユニコ) (2012-05-30)
売り上げランキング: 10,712
この記事を書いた人