バーミッツというハンドルカバーはとても良いものらしい

バーミッツ(Bar Mitts)という面白い防寒具があります。手袋で保温するのでなく、風をガツンとシャットアウトしてしまえ、という発想の製品で、こんなふうにロードバイクのドロップバーを覆ってしまうものです。むかしから実用車やママチャリ用にもこの手の製品があり、目新しくはないかもしれませんが、スポーツバイク用ではバーミッツが定番です。

バーミッツはCBNにも古くからレビューがあるのですが、基本的に評価が高く、愛用されている方はわりと多い印象を持っています。

長所と短所

ネオプレン素材がメインなので風をほとんど通さないようです。私自身はバーミッツを持っていないのですが、ネオプレン素材のグローブは持っているのでどれだけ温かいかは想像できます。普通のグローブと組み合わせるだけでバッチリでしょう。

ネオプレン素材は通気性が皆無なので蒸れやすい、という弱点はありますが、バーミッツを使いたいくらいの寒さであればそれもほとんど気にならないでしょう。CBNレビューを読むと、グローブをした手をちょっと外に出せばなんとかなるようです。

外観は賛否両論あり、せっかくのロードバイクの美観が損なわれるじゃないか、という声もあるのですが、個人的にはなんとなくユーモラスな感じがあって好きです。

他の弱点としては、カーボンディープリム同様、横風を受けるとバランスを崩しやすいということがあるようです。風の強い日の通勤通学での使用時はちょっとだけ注意が必要ですね。

このバーミッツ、フラットバー用のものも存在します。これまたあったかそうですねぇ。グローブはそれほど分厚いものでなくとも大丈夫でしょうから、シフターやブレーキレバーも操作しやすそうです。

下ハンを持てる新型が登場

ドロップバー用バーミッツのもうひとつの短所としては、下ハンを持てない、というものがありました。しかしつい最近のkotarouさんのレビューによると、下ハンも握れる新型が出たそうです。ただ、kotarouさんのようにバーエンドにミラーを付けている方にとっては、新型はちょっと不便らしいです。一長一短で確かに難しいですね。

本家バーミッツの旧型はいま検索してもあまりヒットしないのですが、類似製品が各社からたくさん出ていて、ぱっと見た感じは下の製品が人気があるようです。

バーミッツの新型やフラットバー用はamazonで普通に売っています。元祖製品だけあってお値段は高めです。廉価な製品との性能差が気になるところ。素材はどちらもネオプレン以外にナイロンも使われていますが、比率はきっと違うはずです。防水性能も同じではないでしょう。

お金に余裕があれば定評のある本家製品のほうが良いような気がします。

公式サイトには他のバリエーションも

バーミッツはアメリカ・ネバタ州に本拠を置く会社。公式サイトを見ると、内装ケーブル用・外装ケーブル用・レギュラー品のほか、日本ではあまり見かけない”Extreme”バージョンも用意されています。

公式 Bar Mitts – Ride in Comfort

価格は日本とあまり変わらない感じで、送料無料です。特殊なバージョンが欲しい方は公式サイトから買うのも手ですね(支払いはPayPalのみ)。エクストリーム版は並行輸入品が高いので、個人輸入したほうが安く済むようです。

寒い日でも手足のような末端や顔面が冷えないようにすると気持ちがあまり萎えないので、こういうグッズはおすすめです。足先ならトーカバーがあるだけで全然違います。胴体はわりと平気だったりするのが不思議ですね。

↓ amazonのサイバーマンデーセールは今日が最終日。宜しければ眺めてみて下さい。

amazonで12月9日深夜までサイバーマンデーセールが開催されています。一部のサイクルウェアが20%OFFになるクーポンも出ているので、こ...
この記事を書いた人