Kindle本最大70%OFF(28日まで)
サスペンション

RockShoxからグラベル用サスペンション Rudy Ultimate XPLR が登場

SRAM傘下のRockShoxがグラベル用サスペンション Rudy Ultimate XPLRを発表しました。先日この記事でお伝えしたSRAMのグラベルコンポーネント「XPRL」ファミリーの一部となる製品です。

Rudy Ultimate XPLR

© Rockshox

同傘下のZIPPからは101 XPRLグラベルホイールが、RockShoxからはワイヤレス・ドロッパーポストのReverb AXS XPLRに加えてこのRudy Ultimate XPLRサスペンションも仲間入りです。

公式 XPLR | RockShox

30/40mmトラベル・タイヤクリアランス50mm

Rudy Ultimate XPLRはアッパーチューブ30mm、トラベル量は30mmまたは40mm。スプリングはSolo Airでダンパーは軽量なCharger Race Day。フルレンジのリバウンド調整が可能でロックアウト付き。フォークオフセット(700c)は45mmまたは51mm。最大タイヤ幅は50mmで対応ローター径は160mm/180mm。

Rudy Ultimate XPLR

© Rockshox

重量は30mmトラベル版で1,215g。フェンダーはロングもショートもボルトオンで対応可。カラーはGloss BlackとKwiqsandの2タイプ。定価は$799(本日レートで約8.8万円)…とやや高価ですが、これを搭載したお買い得な完成車も出始めています。

Canyon Grizlが早速の採用

下はCanyon Grizl CF SL 8 Suspension完成車ですが、Rudy Ultimate XPLR搭載の3モデルがラインナップされています。SRAM Force XPLR組みだと¥579,000ですが、Shimano GRX RX810組みなら¥369,000と、このスペックにしては買いやすい価格ではないでしょうか。

Grizl CF SL 8 Suspension

© Canyon

SRAMのXPLRシリーズは既存のeTap AXSに対するグラベル・アドオン(オプション)的な内容ではありますが、これで大御所ではシマノのGRX、カンパニョロのEkar、スラムのXplrとグラベルコンポが出揃ったことになります。

グラベル用サスペンションを傘下のRockshoxから出せるところはSRAMの強みですね。グラベル向けのフロントサスペンションがどれだけ普及するのは未知数ですが、GRXやEkarのサスペンションが出たりしたら面白いことになりそうです。シマノについては今年、ドロッパーポストとサスペンションのワイヤレスコントロールの特許申請が確認されているので現実味はあるかも?

▼ 関連記事

SRAMから12スピードのXPLRシリーズ登場 10-44Tカセットでグラベルライドも快適に
SRAMからグラベルライドを意識した12スピードの駆動系パーツ「XPLR」シリーズが登場しました。10-44Tのカセットと1x専用のリアディレイラー、チェーンリングが含まれます。Cyclingtips等海外メディアが伝えています。 ...

▼ FOXも今秋にグラベル用サスペンションをリリースするという噂があります

FOXがリバースアーチ・ショートトラベルのグラベル用サスペンション「RAD」を今秋にも発売か
FOXがリバースアーチ・ショートトラベルのグラベルバイク用サスペンションを開発しているようです。現在は「RAD」という名前で呼ばれているこのサスペンション、カナダ出身のMTBレーサーGeoff Kabush氏がインスタグラムでティーザー公開...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました