Kindle本最大70%OFF(28日まで)
コンポーネント

SRAMから12スピードのXPLRシリーズ登場 10-44Tカセットでグラベルライドも快適に

SRAMからグラベルライドを意識した12スピードの駆動系パーツ「XPLR」シリーズが登場しました。10-44Tのカセットと1x専用のリアディレイラー、チェーンリングが含まれます。Cyclingtips等海外メディアが伝えています。

SRAM XPRL COLLECTION

© SRAM

出典 SRAM FINALLY CLOSES THE GEARING GAP WITH NEW XPLR 10-44T CASSETTES – Cyclingtips
公式 XPRL COLLECTION – sram.com

待望の使いやすい10-44Tカセットを用意

  • SRAMにはこれまでなかったロードとMTBの中間を埋めるような1xドライブトレイン
  • Red, Force, Rivalの3グレードで展開
  • 10-44Tカセット、1x専用のリアディレイラーとチェーンリング
  • カセットはXPLR XG-1271とXPLR XG-1251(RivalとForceグレードに相当)の2モデルが用意される。構成は10,11,13,15,17,19,21,24,28,32,38,44で、シマノの11-46Tよりも広いレンジだけでなく、ジャンプも小さいのが特徴
  • カセット素材は基本スチールで、XG-1271の44Tのみアルミで軽量化。今のところX-Dome構造の軽量Redグレードは用意されていないが、今後恐らく登場するだろう
  • チェーンはSRAMフラットトップのみ対応
  • 新型10-44Tカセットは1xにのみ対応し、専用のディレイラーを必要とする
  • XPLRリアディレイラーは既存の10-36Tカセットでも使える(それ以下のサイズでは使えない)
  • XPRLリアディレイラーのアッパープーリーは1x向けにオフセットされている。プーリーはクラッチあり(Red/ForceはOrbit、Rivalのみフリクション)
  • バッテリーは既存AXSシリーズと同じで、駆動時間は1000km/60時間
  • Red XPRLリアディレイラーは重量293gで定価は$710
  • Force XPRLリアディレイラーは308gで$350
  • Rival XPRLリアディレイラーは327gで$255
  • 22〜35g軽量化できるダイレクトマウントの1xチェーンリングも用意される(38, 40, 42, 44, 46Tで、グレードはRed/Force)
  • さらに太いタイヤ・チェーンリングクリアランスが必要な人向けにRival 1 Wideクランクも用意される

XPLRシリーズは既に少数ロットの販売が開始されていますが、本格的には9月からの流通になるそうです。

待望の10-44Tカセットを使うにはXPLRのリアディレイラーが必要、という点が少し残念ですが、今後はグラベル完成車でXPRLシリーズを搭載するモデルが増えてきそうですね。

なお他にZipp 101 XPLR(ホイール)、RockShox Reverb AXS XPLR(ドロッパーポスト)も登場しています。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました