シマノからグラベル専用コンポGRXが登場。ULTEGRA RXの進化系か

シマノからグラベル専用コンポ「GRX」が登場しました。型番を見るとUltegra, 105, Tiagraに対応した3つのラインナップがあるらしく、11speed Di2, 機械式11speed, 機械式10speedが選べます。

SHIMANO GRXは3つのグレードで登場

ラインナップを表にするとこんな感じです。Tiagraグレードに相当するRX400は2xのみとなっています。

GRXシリーズ 対応グレード フロント
GRX Di2 11speed (RX800, 810, 815) Ultegra 1x, 2x
GRX 11speed (RX600) 105 1x, 2x
GRX 10speed (RX400) Tiagra 2xのみ

1分のPR動画。なかなかわかりやすいです。

SHIMANO GRXの主な特徴

シマノ公式サイト及び海外各メディアの情報を総合するとGRXの主な特徴は以下。

  • デュアルコントロールレバーは完全に新しいデザインで非舗装路での快適性を重視した形状
  • ブレーキレバーのピボットポイントは18mm上に移動
  • GRX Di2 RX815レバーはレバーとブレーキパッドの動きがノンリニアなサーボウェーブ対応
  • 1xの場合は左のデュアルコントロールレバーでドロッパーポストを操作できる(不要ならブレーキオンリーの左レバーあり)
  • シクロクロス・スタイルの油圧サブブレーキレバーが用意される(BL-RX812L/R)
  • XTの11-42カセットスプロケットが使えるようになった
  • 2xでの最大フロント歯数差は17T
  • 650Bを含むホイールセットも登場
  • 同じスピードの既存のロードコンポーネントと基本的に互換性がある

新形状のレバーは非舗装路での上ハンからのブレーキングがしやすくなっているようです。また油圧式としては初のサブブレーキレバーも注目。リアディレイラーは最大42Tまで対応できるようになりました(昨年リリースされたUltegra RXは最大34Tでした)。

発売予定時期ですが、メカニカルが2019年7月。Di2が8月。サブブレーキレバーの「BL-RX812」が9月になる模様。

SHIMANO GRXの重量情報

主要なGRXパーツの重量を表にしてみました。参考までにUltegra RXのリアディレイラー・RD-RX805-GS Di2は280gで機械式RD-RX800-GSが248gでした。

重量情報
RX815 Di3 デュアルコントロールレバー 565g
RX600 デュアルコントロールレバー 611g
RX400 デュアルコントロールレバー 613g
RX400 キャリパー 143g
RX815 Di2リアディレイラー 288g
RX817 Di2 ロングケージリアディレイラー 322g
RX810 リアディレイラー 251g
RX812 ロングケージリアディレイラー 264g

型番が少しわかりにくいのですが、RX815は2x用。RX817は1x用。同様にRX810は2x用でRX812が1x用です。ロングのほうが1x用。

チェーンリングのオプション

2xでの最大歯数差が17Tとなっています。

クランクセット
FC-RX810-2 48-31
FC-RX810-1 40, 42
FC-RX600-11 46-30
FC-RX600-10 46-30
FC-RX600-10 40

ULTEGRA RXはディスコンか

本記事執筆時点でシマノ公式サイトからULTEGRA RXのページたどり着けなくなっています。ページ自体はまだ存在していますが(こちら)、ULTEGRA RXはGRXに発展的解消を遂げた気がしないでもありません。

…と思ったのですが、Bikerumorにこんな記述を発見。

Ultegra RXはどうなる?

RD-RX800とRD-RX805(Di2)は現在のUltegraロードグループを補完し、標準的なロード用カセットと組み合わせるのにちょうど良いオールロード・オプションとして残されるだろう。

GRXは魅力的?

果たしてこのSHIMANO GRXはどのように受け入れられていくのでしょうか。アンケートはこちら。

シマノ(SHIMANO) RD-RX800 11S スタビライザー付 IRDRX800GS
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 124,882