ディレイラー

SLF Motion EVO Speed Systemはホイールが外しやすくしかも美しいタブ付き 日本からも購入可

アメリカ・イリノイ州ポーニーのSLF Motionがビッグプーリー製品をアップデート。ロード用「EVO Speed System」と、トライアスロン向けの「EVO Aero System」、ラージカセット対応の1x向け「EVO 1x System」を発表しています。プーリーはいずれも14T/18Tの組み合わせです。

公式 SLF Motion – Built for Speed and Durability

EVO Speed System

下は「EVO Speed System」で、旧型の「HYPER SPEED SYSTEM」よりグッと高級感が増しています。シマノ(最大34T)・スラム(使用ディレイラーによって34〜36Tまで対応)・カンパニョーロ(32〜34T)対応で、価格はいずれも495ドル(使用できない型番のディレイラーもあるので注意)。

EVO Speed System

EVO Speed System © SLF Motion

カラーはブラック・オイルスリック・レッド・ゴールド・シルバー・ピンクの6色展開で、さらに400ドルのアップチャージで3Dプリントチタニウム版が選べます。

ところでこのEVO Speed System、ケージのテンションプーリー側にアルミ製のタブがあるのですが、これは単に美しいワンポイントではなく、ホイールを外す時にこれを押すとケージを楽に動かせるという仕組みです。大発明ではないですが、手も汚れにくくなるはずで、スマートな工夫ですね。

EVO Speed System

© SLF Motion

EVO Aero System

こちらはEVO Aero System。エアロ版だけあって上で見たような張り出しのあるタブにはなっていませんが、見た目はかなり良いですね。こちらの価格は595ドル。カラバリエーションはEVO Speed Systemと同じです(3Dプリントチタニウムあり)。

EVO Aero System

EVO Aero System © SLF Motion

EVO 1x System

EVO 1x SystemにはEVO Speed Systemのようなタブは付いていません。こちらは494ドルでシマノ・スラム用があり、スラム版はForce1 & Rival 1のType 3.0クラッチのモデルなら最大42T(Type 2.1クラッチは使用不可)、EagleならAXS及びメカニカルどちらも対応で最大52Tまで使用可。

EVO 1x System

EVO 1x System © SLF Motion

シマノ版はGRX 810/815及びRX 800/805なら最大36Tまで対応。XT/XTRの12スピードリアディレイラーなら51Tまで対応となっています(11スピード非対応)。

EVO 1xのカラーはブラックとオイルスリックのみ。価格はどちら$495ドル。せっかくならオイルスリックを選んで他のパーツとのカラーコーディネートも楽しみたいですね。Supacazのこのボトルケージともよく似合いそうです。

これらの製品、いずれも日本から購入可能になっています。なんとDHLでの送料が無料です。支払いは主要クレジットカードの他、PayPalも使えます。

余談ですが、最近は様々なパーツメーカーが自社サイトでダイレクト・トゥ・コンシューマー形式で販売するところがどんどん増えてきたように思います。「おま国」表示を見る機会が少なくなってきました。

著者

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました