Kindle本 5冊購入で10%ポイント還元中
サスペンション

BMCがグラベル向けのマイクロトラベル・サスペンションステムをRedshiftと共同開発

スイスのBMCがグラベルバイクで展開しているMTT (Micro Travel Technology)。このエコシステムにはこれまでフォークやシートステイのサスペンションが用意されてきましたが、このたびMTTサスペンションステムが仲間に加わりました。

出典 MTT Ecosystem

Redshiftと共同開発

このステムは人気のサスペンションパーツメーカー・Redshiftと共同開発。回転部はカートリッジベアリング、振動吸収はエラストマーが担当。ライダーの体重に応じて2種類の異なる固さのエラストマーを組み合わせることで効き具合を調整できる仕組み。まずはURS 01シリーズに搭載され、いずれRoadmachine Xなどでも採用されるそうです。単体販売価格は249,00€になる見込み。

MTT Suspension Stem

© bmc-switzerland.com

トラベル量は20mm、アングルは0°度のみ、長さは72, 80, 90, 100 mmが用意されるそうです。使用されているエラストマーの形状や種類・トラベル量はRedshift Shockstopと同じに見えますね。ICSコクピットにうまく組み込まれています(専用のラウンド・トップキャップを使用すれば丸管のフォークでも使えるとのこと)。重量は80mm版で330gとの説あり。

Redshiftは既に実績があり評価も確立しているブランドですが、今後BMCのグラベルバイク完成車などで同社機構が採用されていけば、この分野での存在感がますます強まりそうですね。BMCとしてもスクラッチから開発するよりコストが抑えられるでしょうから、win-winのコラボという感じでしょうか。

サスペンションステムといえば、先月に下の記事でCane Creek eeSilk Stemをご紹介したばかり。エラストマーの交換はRedshift/BMCタイプよりも簡単でロックアウト機構も備えているといった長所があります。未読の方はこちらも是非どうぞ。

Cane Creekからグラベル・オールロード向けのサスペンションステム「eeSilk Stem」が登場:ロックアウト機構も搭載
Cane Creekのサスペンションパーツ「eeSilk」シリーズにグラベル・オールロード向けのステムが加わりました。エラストマータイプで可動域は20mm。エラストマーの交換が簡単であること・簡易なロックアウトスイッチを搭載している点が特徴...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました