「ファミマでライザップ」の成分を比較 コンビニで手に入る糖質制限食は本物か

ライザップ・ブランドのカップ麺やスイーツをファミリーマートで見かけるようになりました。はじめて見たときは、ああライザップもこんな商売に手を出して、大丈夫なんだろうか、と思っていたのですが、最近ほんとうに経営状態は良くないようですね。

それはさておき、これらの商品の実力はどうなのでしょう。私は「ファミマでライザップ」を時々食べるようになったので、ちょっと成分観察と私感を書いてみたいと思います。

ファミマでライザップ 糖質50%OFF 辛口チキンラーメン

まずこれ。「ファミマでライザップ 糖質50%OFF 辛口チキンラーメン」という商品。商品名が大々的に訴求しているように、糖質オフが売りです。

「ファミマでライザップ」の成分を比較 コンビニで手に入る糖質制限食は本物か

ちなみに左が日清のカップヌードル・カレー。カップヌードル・カレーは1食87gで、熱量422kcal。「ファミマでライザップ」の辛口チキンラーメンは、1食71gで307kcalです。ライザップ麺のほうが量も少ないですが、カロリーももちろん少ない。

「ファミマでライザップ」の成分を比較 コンビニで手に入る糖質制限食は本物か

でも307kcalもあるじゃない、と多くの方が思われるかもしれません。しかし糖質制限は、カロリーではなく、糖質の多寡に注目すべきものです。

では糖質量をどのように導き出すかというと、一般的に「炭水化物から食物繊維をマイナスしたもの」として得られます。

下の写真を見ると、「日清のカップヌードル・カレー」の炭水化物量は、50.6g。特に食物繊維は記載されていないため、この50.6gがすべて糖質ということになります。一方、「ライザップ麺」は炭水化物34.9gのうち、食物繊維が19.6gをしめます。34.9-19.6=15.3ですから、よって15.3gが糖質量です。

「ファミマでライザップ」の成分を比較 コンビニで手に入る糖質制限食は本物か

糖質量、50.6g vs 15.3g。糖質制限には様々な理論やメソッドがありますが、「一般的な糖質制限ダイエット」の目安としては、1食あたりの糖質を20〜40g以内におさえるという方法が有名です。ちなみにごはん茶碗1杯の白飯(150g)には、55gの糖質が含まれています。

そう考えると、この「ライザップ麺」は糖質の少なさとしては優秀な製品といっていいと思います。このあたりはさすがです。

では、味はどうか。これが、かなりうまいんですよ。私は、好きですよ。麺はたしかに少しモソモソした感じはしますが、「日清のカップヌードル・カレーのほうが、やっぱりおいしいような…」とは思わせない感じの味です。ちょっと辛いのも、いい感じです。

私はライド中なら、普通に炭水化物を食べたりするのですが、基本的には糖質制限をしています。特に、精製された白い粉からできているものや、白いお米はなるべく控えます。同じ炭水化物をとるなら、殻のついた穀物や、ジュースではない野菜・果物を選びます。

でも、「今日は吐きそうになるくらい筋トレをやる」という感じの日は、筋トレ開始の2時間前までに「日清のカップヌードル・カレー」のようなものを食べることは、あります。

無酸素運動では、糖質が必要です。だから必ずしも糖質憎し、という感じでもありません。日清のカップヌードルシリーズは、基本どれもおいしくて好きですし。

ファミマでライザップ チョコチップケーキ

さて「ファミマでライザップ」にはカップ麺以外に、スイーツもあります。たとえばこれ。「ファミマでライザップ チョコチップケーキ」。これは1食315kcalとなかなかのカロリーです。総炭水化物量は26.7gですが、やはり食物繊維が10.6g含まれるので、26.7-10.6=16.1となり、ふくまれる糖質は16.1gになります。

「ファミマでライザップ」の成分を比較 コンビニで手に入る糖質制限食は本物か

さらに、このチョコチップケーキは糖として吸収されてにくいエリスリトールが3.6g含まれているので、それを除外すると糖質量は12.5gということも言えます。ただ、まあ16.1gと考えておいたほうが良いと思います。

このチョコチップケーキを私が買うのは、下の写真のおかしの在庫が尽きたときです。マイプロテインの「プロテインクッキー」。マイプロのスナックラインナップもたくさんあって、最初はどれを選んだらいいかわかりにくいのですが、「プロテイン含有量が多くて安いもの」といえば、この「プロテインクッキー」です。

「ファミマでライザップ」の成分を比較 コンビニで手に入る糖質制限食は本物か

マイプロテインの「プロテインクッキー」は1食320kcal。炭水化物19.5g。食物繊維1.9g。19.5-1.9=17.6、ですから、糖質量は17.6g。

「ファミマでライザップ チョコチップケーキ」と数字が近いような気がしてきたので、ちょっと表にしてくらべてみましょうか。

「ファミマでライザップ チョコチップケーキ」マイプロテインのプロテインクッキー
熱量315kcal320kcal
炭水化物26.7g19.5g
食物繊維10.6g1.9g
糖質量16.1g(12.5g)17.6g
重量(包装込み)73g80g

食物繊維以外、かなり似たような数字でおもしろいです。

しかしこれら2つの製品には、決定的な違いがあります。そう、それはこれ。

「ライザップ チョコチップケーキ」マイプロテインのプロテインクッキー
プロテイン7.6g38g

「ライザップ チョコチップケーキ」のプロテイン7.6gも、決して悪い数字ではないように思えます。これはこれで優秀でしょう。

とはいえ、食間のおやつや、ミール・リプレイスメントとしては私はマイプロのプロテインクッキーを選択します。なくなってしまった時の代替品として、ライザップのチョコチップケーキはあり。

味は、普通のチョコチップケーキです、くらいしか言えませんが、おいしいと思います。ふだんスイーツを食べないので、これだけ甘いものならもうなんでもおいしく感じてしまうのかもしれませんが。

最後にもう1品、ご紹介。「ファミマでライザップ チョコチップスコーン」です。335kal、炭水化物量は30.7g。うち食物繊維が1.9gなので、30.7-1.9=28.8。糖質量28.8gになります。ちょっと多いですね。

ファミマでライザップ チョコチップスコーン

「ファミマでライザップ」の成分を比較 コンビニで手に入る糖質制限食は本物か

このチョコチップスコーン、おいしいことはおいしいのですが、食べたあとになぜか胸焼けしたことがあります。糖質量も多めなので、「ファミマでライザップ」のスイーツとしては、私はチョコチップケーキのほうを選びます。

このチョコチップケーキとチョコチップスコーンも、主だった属性を表にしてくらべてみましょう。

「ファミマでライザップ チョコチップケーキ」「ファミマでライザップ チョコチップスコーン」
熱量315kcal335kcal
炭水化物26.7g30.7g
食物繊維10.6g1.9g
糖質量16.1g(12.5g)28.8g
プロテイン7.6g9.8g
重量(包装込み)73g78g

やはりチョコチップスコーンのほうは、より重ための構成になっていますね。マイプロのプロテインクッキーのプロテイン少なめ版、糖質多め版、みたいな栄養成分です。すると、スイーツとしてはやはりプロテインクッキーのほうが数字的には優秀です。

マイプロのプロテインクッキーは、ライド中に携帯するおやつとしても優秀です。ジャージのポケットに入れておいても、熱でベタベタになって食べられなかったということもなく、適度な糖質と大量のプロテインを補給できます。特に距離が長いライドの場合は後半に食べることがあります。