amazonによる自転車工具のアダルト誤判定をツイートしたらタイムラインが一気に裏世界へ

最近あたらしい自転車を手に入れました。それが、初のシングルスピードなのです。リアホイールのハブは両切りで、固定のコグと、フリーギアがついています。ギア比をいろいろ試したいのですが、これらの着脱には専用工具が必要です。

ロードバイクやMTBならほぼすべてバラして組めるくらいの工具は持っているのですが、いやー世の中にはまだまだ知らない工具がたくさんあるんだな、と思いました。シングルスピードはいじったことがありません。知らないことがたくさんあっておもしろい。

というわけでamazonで工具を物色していたのです。まずは固定のコグ(スプロケット)をおさえつけているロックリングとスプロケを外す工具。定番はシマノの「TL-SR22」というものらしい。

が、しかし、このページを開こうとすると…

まさかの年齢確認!

amazonによる自転車工具のアダルト誤判定をツイートしたらタイムラインが一気に裏世界へ

意味わかんない!

amazonによる自転車工具のアダルト誤判定をツイートしたらタイムラインが一気に裏世界へ

「外から見えないよう厳重に梱包」? これが人に見せられないものだとでも言うのか!

amazonによる自転車工具のアダルト誤判定をツイートしたらタイムラインが一気に裏世界へ

謎だったのでツイートしてみました。

すると様々なご意見をいただきました。楽しそうだとか、製品に満足したというレビューがあるとか、ムチや縄のように使うのではないか、等々。一気にダークサイドの相貌を呈するタイムライン!

ところでこの製品、Topeakのラチェットロケット・ライト NTXもなぜか誤判定されている、という情報をいただきました。

これはAI、アルゴリズムによる判定だと思うのですが、誤判定されたものが2つあるので分析できるかなと思い、商品説明欄をよく読んでみました。でもシマノのほうにはテキストがほとんどないし、Topeakにはいろいろ書いてあるけれども、ダイレクトに怪しい表現は、見当たりません。

属性的にはどちらも何かの取り外しや装着に関係のあるものですが、そこからアダルト判定したとしたらamazonのAIは妄想がたくましすぎる! 中華業者のニセ高評価レビューを排除するとか、他にやるべき仕事はあるはずだ!

たぶん、画像かな、という気がします。商品画像の形状とか、色とか、なにかそっち系の商品との共通点があると判断されたのでしょうか。

スプロケット外しは、実はこういうふうに使うのだという情報もいただきました。

私達がよく知っている平和なこの世界のロード乗りたちとは違い、みんな大胸筋も上腕二頭筋も発達しています。amazonのAIはこのマンガを見ていたのか。というか何ていう作品なんだこれ、読みたいぞw

調べてみた。これか!

はやめブラストギア(1) (ヤングキングコミックス)
少年画報社 (2016-11-30)
売り上げランキング: 43,324

ていうかなんで調べたタイミングで限定オファー出してくるんだ、しかも残り9分13秒とか…

買うしかない!

というわけで、「SHIMANO TL-SR22」を調べていたら、なぜか「はやめブラストギア」というコミックを買っていた、という不思議な現象が発生。よくわからない1日でしたw