Trek Émonda 2021モデルはより軽量にそしてエアロに 登りも下りも速い1台に進化

Trek Émonda 2021が発表され、海外各メディアが一斉に紹介記事やインプレッション記事を公開しています。この記事ではそれらの情報をまとめてみます。

上の公式動画のキャッチコピーは”Crazy Light, Crazy Fast(イカれた軽さ、イカれた速さ)”。エアロ化が進んだことをアピールしています。

Trek Émonda SLR / SL 2021モデル

Émonda SLR 7 eTap 2021

フラッグシップのÉmonda SLR 7 eTap 2021 © Trek

road.ccによる紹介記事の要点を以下にまとめます。

参考 All-new Émonda gets aero to become “Trek’s fastest climbing bike ever” – and it’s disc brake-only

  • トップレベルのÉmonda SLRのフレーム重量は698g(サイズ不明)
  • Émonda SLRはOCLV 800シリーズという新素材を採用している
  • Émonda SLRもより買いやすいSLもフレームはエアロ効率の良いチューブ・プロファイルを採用
  • ケーブル・ルーティングは隠されている
  • 新型のBontrager AeolusホイールとAeolus RSL VR-C一体型ハンドル・ステムを搭載したモデルが多い
  • Émonda SLRもSLもディスクブレーキ専用デザイン。リムブレーキ版は用意されない
  • 全モデルがMadone同様、H1.5ジオメトリーになった(H1は攻めたジオメトリ、H2はややリラックスしたジオメトリであるもののレース志向。H1.5はその中間にあたる)
  • Émonda SLR完成車はすべてAeolus RSL VR-Cハンドルを搭載。SLはハンドル・ステム別体式
  • BB90は不採用となり、昨年のドマーネ同様、Émonda SLRもSLもT47ボトムブラケットとなった
  • Trekによると今後ロードバイクレンジではT47がさらに使われていくそうだ
  • ドロップド・シートステイは採用されなかった。エアロ面での恩恵はあるものの採用していたら重量を700g以下に抑えることは出来なかっただろう
  • SLRもSLもタイヤクリアランスは700c x 28mmでタイヤの周囲には6mmの空間ができる
  • マッドガードマウントはない
  • フレーム形状やジオメトリの面ではSLはSLRと同一である
  • SLとSLRの唯一の違いは使用されている素材である
  • SLRはOCLV 800を使用するがSLはOCLV 500シリーズを使用している
  • その結果、重量差は非常に大きく、SLRのフレーム公称重量は698gだがSLは1,142gあり、フォークはSLRが365gでSLが380g。合計でSLはSLRよりも459g重い計算になる
  • SRAMコンポの完成車はすべてQuarqのパワーメーターを搭載している
  • SLRはProject OneやIcon Bikes, KOM等のカスタマイズ注文が可能

次にBikerumorによる紹介記事の要点を以下にまとめます。

参考 Trek Émonda goes aero, gains T47 BB, Aeolus RSL integrated bar-stem & sub-700g frame!

  • 旧世代のÉmondaに比べて平地では1時間ごとに60秒速くなり、8%の斜度では1時間ごとに18秒速くなった
  • OCLV 800シリーズはOCLV 700に比べて30%より強力になっているため積層を減らすことができた。その結果60gの軽量化が実現した
  • Aeolusハンドル・ステムは体重65kgのライダーが平地で平均風速7mphの環境で走る場合、時速28mphで約7ワットをセーブできる
  • 一体型ハンドル・ステムにはBlendrベースとモノ及びデュオマウントが同梱されIonライトやGarminコンピューターをマウントできる
  • 最も安いモデルはÉmonda SL 5で$2,699(本日のレートで288,226円)、最も高いモデルはSLR 9の$11,999(1,281,373円)

エアロになっても旧モデルより軽量に

Émonda SL 5 2021

最も低価格なÉmonda SL 5 2021 © Trek

エモンダがエアロ化、ということで重量増を想像した方も多いと思いますが、実際はさらに軽量化が進んだようで良かったですね。スレッド式のT47 BBやH1.5ジオメトリ、そして伝統的なシートステイの採用はもしかしたらコスト的な事情もあるのかもしれませんが、好意的な意見のほうが多いようです。

なんでもかんでもエアロにするな、とか、ロゴでかすぎだろ、などというネガティブ意見も見かけましたが、2021年の王道的ロードバイクの中でも最注目の1台となることは間違いなさそうです。ヒルクライム性能が失われていないのならエアロ化していけない理由はないですよね。

巨大なロゴも、いかにもロードバイクらしくていいんじゃないでしょうか(グラベルのロゴは最近どこも控え目ですから!)

ただし各所で発表されている公称重量は正確でないのではないという指摘もよく見かけるので実際にどのくらい軽量になったのかはもう少し情報を待ったほうが良いかもしれません。フレーム重量は塗装前の数字という説もあります。

なおÉmonda ALRはモデルチェンジされることなく併売されるようです。以上、速報でした。

この記事を書いた人