ディレイラー

Archer Components D1x 紐引き電動シフターがTRP Hylexに埋め込み可能に

機械式リアディレイラーのワイヤーを電動ユニットで引く「Archer Components D1x」という製品があります。このタイプの製品としてはXshifterが有名ですが、Archer D1xはその上位互換とも言える製品です。当ブログでも以前紹介しています(下の記事です)。

Archer Components D1x ShifterはXShifterの上位互換たりうるか
ワイヤレスで紐を引く電動シフター「XShifter」が冬頃に話題になったのは記憶に新しいところです。クラウドファンディングからスタートしたこの製品、途中で出資者とのゴタゴタもあったようですがとりあえず大手メーカーからマスプロ版がリリースされ...
Archer Components D1x shifter

D1x shifter @ Archer Components

このArcher D1xに、このたびTRP Hylex(油圧ディスクブレーキレバー)に埋め込み可能なリモートコントロール付きのキットが登場しました。

メカニカル変速のドロップハンドル派は注目

Archer Componentsの公式サイトにはまだ製品情報は掲載されていないのですが、Bikerumorが紹介しています。下の画像はArcherのFacebookページで紹介されているものです。TRP Hylexのフードにいい感じに埋め込まれていますね。2ボタンでのコントロールで、充電はmicro USBポートから行います。

Archer D1x Trail Shifter with DBR (Drop Bar Remote)

© Archer Components

TRP Hylexユーザー限定ですが、これはかなり魅力的。私もHylexを持っているので試してみたくなります。なおシフター部のD1xユニットそのものは従来通りの製品で、SRAM Match Maker対応のMTB用リモコン付属セットも引き続き提供されています。

Archer D1x Trail Shifter with DBR (Drop Bar Remote)

© Archer Components

価格はセットで399ドル

このHylexに統合できるキットは「Archer D1x Trail Shifter with DBR (Drop Bar Remote) 」と呼ばれ、リモコンとシフターのセットで$399。予約開始は12月21日。

既にD1xシフターを持っている方は、DBRリモコンのみを$119で購入することもできます。ただしこちらは来年2月中旬からの発売。さらにTRP Hylexにリモコンをプリインストールしたバージョンの発売も予定されているそうです。

現在ドロップハンドルのロードバイクやグラベルバイクに乗っていて、

  • ドライブトレインが1xである
  • リアディレイラーは機械式である
  • ディスクブレーキを使用している

この条件にあてはまる方であれば、別途TRP Hylexレバーが必要にはなりますが、このArcher D1x DBRを使えるようになります。変速設定はアプリで行い、8スピードから13スピードまで対応可能。またDBR本体でマイクロアジャストメントも可能だそうです。

著者

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました