Amazon Music 新規4ヶ月間無料(6/22まで)
フレーム・完成車

Greg Lemondが新たに完成車ブランドを立ち上げ GRX搭載の電動アシスト・シティバイクは欧米の富裕層向け?

ツール・ド・フランスで3度の総合優勝を果たしたアメリカの人気ロードレーサー、グレッグ・レモン。同氏はこれまでも何度かバイクブランドを立ち上げていますが、再びLemondブランドで自転車産業へとカムバック。しかし新たに発表された2モデルはなかなか不思議な構成です。

公式 LeMond | Home

DutchとProlog

発表されたのはいずれも軽快車タイプ。こちらは跨ぎやすいスタッガード・フレームの”Dutch”というモデルです。ダッチバイクの雰囲気を残しつつ、未来的な雰囲気に仕上がっていると思います。

Lemond Dutch

© lemond.com

一方こちらはクロスバイクに近い外観の”Prolog”というモデル。見た目は非常に洗練されていて、個人的には素直に「きれいな自転車だな〜」と思いました。なんかすごく走りそう。

Lemond Prolog

© lemond.com

謎の仕様と価格帯

しかしこれらのバイク、細部を眺めれば眺めるほど不思議なところがあります。どちらもハブモーターの電動アシストバイクで、モーターはMahle X35+ Smart Ebike Systemを採用。バッテリーはダウンチューブに格納されています。航続距離は約72km、トップスピードは32km/h。

そしてコンポはShimano GRXです。シティバイクで使えないわけでは全くありませんが、グラベルバイク用のコンポーネントなので「えっ!?」という驚きがあります。1xでかつ安定的にパーツを入手しやすかったのでしょうか。

Lemond Prolog

© lemond.com

タイヤはLemondロゴ入りのPanaracer Gravelking Slick+ 700 x 38mmです(Dutch/Prolog共通)。これはシティバイクでも快適に使える良いチョイスだと思います(しかし、さすがにチューブド仕様でしょう)。

どちらのバイクもベース価格は$4500と、かなり高額です。これに加え、カーボンホイール(LeMond LC30。独Munich Compositesと共同開発)へのアップグレードがプラス$1,800。Di2へのアップグレードがプラス$800。

ステムとハンドルはカーボンモノコックの一体型で、フロント・リアのライトはバッテリーから自動給電。前後マッドガードもカーボン製(期間限定で無償提供)。それなりにコストをかけたバイクであるようには見えます。

富裕層のニューサイクリストがターゲットか

しかし素朴な疑問として、これはどんな人々に向けたバイクなのだろう、というのがあります。普段からロードバイクやグラベルバイクに乗っているスポーツサイクリストに向けられたものではないのは確か。

洗練された美しいデザイン、信頼のシマノ製高級コンポ、ハブはグレードアップオプションでドイツTune社の製品を選択できたりと、一言で言うと「ラグジュアリー」をコンセプトにしたバイクでしょうか。

この価格なので、欧米の富裕層を狙ったバイクでしょう(販売地域は本記事時点で西欧・北欧・北米・英国のみ)。コロナ禍で自転車の楽しさを発見した新しいサイクリストで、なおかつ過去にスポーツサイクルに乗ったことがない人々、さらに50万円をポンと出せるような人々がターゲットでしょうか。

そして、こうした高級品を売る時はブランドが大事になります。「ツール・ド・フランスの覇者グレッグ・レモン」の名はここで大きい武器になります。一見するとわけのわからない構成のバイクのようにも見えますが、実は入念なマーケティング調査を経た上で立ち上がったプロジェクト…の可能性も、なきにしもあらずです。

クロスバイクに近い外観のPrologは車体重量が26ポンド(11.8kg)と、E-BIKEとしてはかなり軽量で、面白そうなバイクではあります。今後こうしたタイプの「ラグジュアリー系E-BIKE」が増えていくような気がします(最後は真打ちとしてテスラが参入してきそうです)。

なおLemond公式サイトの自転車一覧には、PrologとDutch以外に”Road”というメニューが用意されています。リンクをクリックすると、2021年初頭にロードモデルを発表予定、とあります。E-BIKEなのは間違いないと思いますが、誰向けのどんなバイクになるのかは興味が湧きますね。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました