Amazon Music Unlimited 30日間無料お試し
プロサイクリング

ツール優勝候補のタデイ・ポガチャル、強すぎてメカニカル・ドーピング疑惑をかけられる

わずか22歳ながら圧倒的な強さでツール・ド・フランスの2連覇をほぼ確実なものにしているUAEチーム・エミレーツのスロベニア人、タデイ・ポガチャル。あまりにも強すぎるせいか、選手達からは「メカニカル・ドーピングをしているのではないか」との声が上がっています。

出典 Tadej Pogacar says there is nothing illegal about his bike at Tour de France- Cyclingnews

リアホイールから奇妙な音が聞こえる

Cyclingnewsによると、スイスのLe Temps誌で3人のライダーが匿名で「4つのチームのバイクのリアホイールから聞こえる奇妙なノイズ」に懸念を表明。この「疑惑のチーム」にはポガチャル所属のUAEチーム・エミレーツも含まれているとのこと。この匿名ライダーによると、

奇妙なノイズが聞こえます。乗っている時に聞こえるんです。リアホイールから聞こえます。奇妙な金属的なノイズで、調整がひどいチェーンから聞こえるような音です。あんな音は他所で聞いたことはありません

これに対しポガチャルは、

何のことかわからない。何も聞こえないよ。違法なものは何も使っていない。全部カンパニョーロ製だよ、ボーラだよ。何て言ったらいいかわからないよ

と回答しています。

ちなみに筆者もCampagnolo Boraや姉妹ブランドのFulcrumのホイールを愛用していますが(どちらも全く文句のない素晴らしいホイール。素人には本当にもったいないくらい)、フリーハブの音は他ブランドよりもかなり大きめではあります(笑)

ボーラはスイスの海外通販サイト、ベラチスポーツで買うと安いですよ!
ベラチに即納可能Cervélo Aspero-5 GRXなど完成車3モデル カンパBora Ultra WTOも販売開始
スイスの自転車海外通販老舗ベラチスポーツの最新セール情報をお伝えします。注文後1〜2日で発送可能な完成車3モデルが入荷、Campagnoloの新ホイールBora Ultra WTOの販売も開始しました。 本記事で紹介する価格情報は20...

海外の反応

この件に関する海外サイクリストの反応を見てみます。以下は海外掲示板Redditから。

  • もしもーし!? それはカンパニョーロ・フリーハブって言うんだよ。カンパの品質管理要件では、フリーの音が少なくとも2ブロック離れた場所から聞こえないといけないとされているんだ。90年代のシャマルに乗ってたら近くにハチの大群がいても気付かないくらいですよ
  • バカらしいニュースだ。メカニカルドーピングについては徹底的な検査が行われていて、ポガチャルのバイクにモーターを隠すなんて不可能だろう
  • 仮に技術的に可能だったとしても、必要になる物流や関係者がバカにみたいに増えるから現実的には不可能だ。これは血液を注入するよりもずっと大掛かりな作戦になる。しかもUCIのテストがこれに加わる。勝者のバイクはいつもチェックされるし、時には分解されることもある。それにメーカーはメカニカルドーピングには全く関わりたくないということを忘れてはいけない。そんなことがあればブランドが死ぬ。メカニカルドーピングという陰謀論は最悪だよ

確かにUCIはメカニカルドーピングについて網羅的かつ徹底的な調査をしています。しかし下の記事で紹介したように、ステージ優勝者のみならず総合成績上位のライダーのバイクはステージ毎にチェック済み。第15ステージまでについては違反車両はまだ発見されていません。

ツール・ド・フランス2021でのメカニカル・ドーピングは今のところゼロ 東京オリンピックでは最新技術を駆使した新兵器も登場
数年前からUCI(国際自転車競技連合)は選手がメカニカル・ドーピングをしていないかどうかを調査するようになっています。具体的にはバイクの内部にモーターを仕込んでいないかどうかを調べているのですが、ツール・ド・フランス2021のこれまでの15...

個人的にもメカニカルドーピングは、技術的に可能ではあるものの(上の記事でも紹介したように過去に実際に摘発されたケースもあります)、グランツールという晴れ舞台で、一流の選手が、自分とチームと機材提供メーカーの名声を高いリスクに晒すような行為をすることはまずありえないだろう、と感じます。

今回こうした疑惑が出てきているのは、ひとえにポガチャルが強すぎるからでしょう。それだけ「常人には勝てないくらい強い奴だ」と思われているわけなので、ポガチャル氏は気分を害することなく、むしろ誇りに思ってパリ・シャンゼリゼに向かって良いのではないでしょうか。

海外では他に「ポガチャル以外の選手は、このままでは絶対に勝てないので峠でドーピングしても良いという温情措置をUCIとWADAが計画中」という冗談さえ見られたほどです(下のインスタ投稿)。

▼ Amazonでタイムセール&自転車ウェア10%OFF実施中。日曜深夜終了です

Amazonで3日間タイムセール開催中!注目アイテムをピックアップしてみました
Amazonで3日間のタイムセールがはじまりました。終了は7月18日(日曜)深夜。セール対象商品がこれから少しづつ追加されていくのでマメにチェックしてみて下さい。当記事でも注目品を随時追加していく予定です。 ▼ 主要リンク一覧(随時追...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました