【本日終了】AmazonでFashionタイムセール祭り開催中です!
フレーム・完成車

Battaglin Portofino 2021 世界初のオーバーサイズラグ・ケーブルフル内装のスチールフレーム

CBN BlogはAmazonアソシエイトとして適格販売により紹介料を得て、良質なコンテンツの作成とサイト運営のために役立てています。当サイト内のリンク経由で Amazonにてお買い物 していただくと、大変助かります。ご支援ありがとうございます

イタリアのOfficina Battaglin(オフィチーナ・バッタリン)がスチールフレームのPortofino(ポルトフィーノ)の新モデルを発表しています。40周年記念の数量限定モデルで、一見するとスチールに見えない雰囲気に仕上がっています。

Portofino Officina Battaglin

© Officina Battaglin

公式 Portofino | Officina Battaglin

ケーブルはフル内装・ラグはオーバーサイズ

ケーブルは電動コンポを使う場合、フルインターナル化できます。ヘッドセットはDeda Elementi DCR。画像のステムはDeda Vinciでしょうか。Dシェイプのステアリングカラムはオーバーサイズのテーパード。チューブは極太・肉薄軽量なColumbus HSS(High Speed Steel)。付属のカーボンフォークはイタリア・WR Compositi製。

Portofino Officina Battaglin

© Officina Battaglin

そしてこのクロームメッキのラグ。オーバーサイズのスチールチューブ用ラグの使用は、Battaglinによると世界初だそうです。確かにあまり見かけません。迫力ありますね。同社のラグのない溶接のPower+ EVOもモダンで魅力的ですが、このPortofinoはよりクラシックな雰囲気です。

Portofino Officina Battaglin

© Officina Battaglin

フィニッシュはフルクロームにクリア層を重ねるクロモヴェラート塗装が選べます。ジオメトリは伝統的なものですが、細部は勿論テイラーメイド可能。70台の限定生産でシリアルナンバー入りのメタルバッジ付属。ディスクブレーキ仕様以外にリムブレーキ仕様も選べるようですが、これはディスクでケーブルフル内装にしたいかも。

ベース価格は5000ユーロ(本記事時点のレートで約64.8万円)スタート。ジオメトリもカラーもフルカスタムできてこの仕様ならそれほど高くないのかもしれないですね。なんとも贅沢なフレームです。

本気で検討したい方は記事冒頭リンクのバッタリン公式サイトでメールアドレスを登録してみて下さい。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました