プロサイクリング

ツール・ド・フランスのマイヨ・ブランはこのままでいいのか問題 さらに「ベテラン賞」も設けてはどうかという提案も

CBN BlogはAmazonアソシエイトとして適格販売により紹介料を得て、良質なコンテンツの作成とサイト運営のために役立てています。当サイト内のリンク経由で Amazonにてお買い物 していただくと、大変助かります。ご支援ありがとうございます

近年のツール・ド・フランスでは超新星タデイ・ポガチャル(UAE)が総合優勝のマイヨ・ジョーヌだけでなく、新人賞であるマイヨ・ブランも着用することが多く、これだとマイヨ・ブランの意義があまりないのではないか、という議論を海外掲示板で見かけたのでご紹介します。

前回のツール以降、ホワイトジャージ(マイヨ・ブラン)の年齢制限を引き下げたらどうだろうと考えていました。そこで皆さんの考えをお聞きしたいです。私のアイデアはとてもシンプルです。

  1. 今日のサイクリングの世界では、ライダーはかつての時代よりも早期に開花している
  2. 去年のように、総合2位がマイヨ・ブランを着ていて総合1位がマイヨ・ジョーヌということがある。これだとマイヨ・ブランの意義が消えるのではと思います

出典 Changing age limit for the white jersey

ツール初回参加者に限定? 着られるのは1度限り?

スレ主さんの意見に対して、次のようなコメントや提案が寄せられています。

  • マイヨ・ブランは総合の中で「ツール・ド・フランス初回参加のベスト」ライダーが着るべきだと僕はずっと提唱してきた。そうでないなら、ベストがマイヨ・ジョーヌを着る場合は、セカンド・ベストのU26ライダーにユニコーン・ジャージを提案したい(138いいね)
  • (上の人に)正直、素晴らしいアイデアだと思う。あまり知られていない、ツール初回出走ライダーのインタビューを是非見たいものだ。いつも謙虚で、地に足がついていて、生き残ろうとしているだけのライダー(のインタビューを見たい)
  • 初回出走選手の中でベスト成績の人に、というアイデアはすごくいいと思う
  • 私もそれは良いアイデアだと思います、ただ、マイヨ・ブランをツールで着られる機会は1度だけ、ということにしたらどうでしょう。以前のツールで着たことがあるなら、もう着られない、ということにするのです
  • それは素晴らしいと思う。小規模チームは、成長株の才能をグランツールで走らせる機会が増えるだろうし、そうでないと当分はドメスティック(=アシスト)のままになるだろうから
  • 良いアイデアだと思う。ただ公正を期して言うと、ポガチャルのこの状況はかなり特殊なものだとは思うけど!
  • ポガチャルがマイヨ・ブランを独占しているのは過去数年だけだからね。このトレンドが続くかどうかはもう少し様子を見ないとわからないが、2010-2018の着用者を見るといい。多様性はあるよ
  • 前年まで特定の賞を取ったことのある人はマイヨ・ブランから外れるべきかなと感じています
  • 年齢を下げるなら何歳がいいだろう? 22? 20? 19?
  • (上の人に)U23というカテゴリーがあるから、23がいいんじゃないかな
  • すると23歳以下は12人くらいしかいなくなる。いまが30人しかいないから。すると競争性が下がってしまうと思う
  • 年齢はダイナミックに(=変動性に)してもいいんじゃないかな。全体の中で最も若い10%のライダーからとか、そういう感じにするといい

ポガチャルの実力や成果を正当に評価する必要はあると思いますが、個人的にも前年までに各賞ジャージを着たことのあるライダーなら、マイヨ・ブランの対象からは外れる、というのは理にかなっているように思います。皆さんはどう思われるでしょうか。

年齢制限を引き下げると対象ライダーが減ってしまうので、あまり現実的ではない気もしますが、チームは若いライダーを積極的に出場させる機会が増えそうではあります。テレビでのチームの露出も増えるので、スポンサーは喜ぶのではないでしょうか。変更に伴うネガティブな影響はあまり思いつきません。

年寄りも評価してほしい

年寄り、という言葉は愛を持った表現として受け止めてほしいのですが(私も年寄りです)、35歳以上の年寄りを称える賞も作ってくれ! というコメントがかなりの支持率を得ていました。

  • 「35歳以上」というジャージも作ろう。年寄り連中に愛を(269いいね)
  • グレージャージだ
  • ベージュのカーディガンだ
  • カーゴショーツもね
  • ボトルとジェル用のファニーパック(=ウェストバッグ)もあげよう
  • マイヨ・グリ(グレージャージ)か!
  • 私はそろそろ35歳になるので、地元のクリテリウムでは「マスターズ」カテゴリーに加わることになります。どれだけ年を取ったように感じるかは伝えきれないですよ。でも三十代中盤の誰かがツールでステージ優勝するのを見るのは、なんてエキサイティングなことだろう

U25ならぬ、O35(Over 35)への賞。これは私も大賛成。キャリアの長い選手にとってもモチベーションになるでしょうし、視聴率も上がると思います。選手にとってもチームにとってもツール主催のASOにとっても良いことづくめではないかなと思うのですが、どうでしょう。

ただ、グレーのジャージだとプロトンの中で目立たないのでシルバーのジャージにしてはどうか、という意見もありました。実現したらマイヨ・アルジャン、みたいな名称になるのでしょうか。これは本当にいいアイデアだなぁと思いました。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました