孤独のライド サイクリストのおひとりさま率の衝撃的な高さが明るみに

発端は、この記事でした。

CBNに、最近私は人にロードバイクを勧めなくなりました。というkuromitsu2さんの投稿がありました。

そこで思ったのでした。みんなはどうなんだろう。パートナーと一緒に乗っているのか。それともソロなのか。アンケートを取ってみました。

質問:彼女(彼氏)やお嫁さん(夫)を自転車趣味に誘ったあなた。その後どうなりましたか?

すると衝撃的な結果が!

なんと半数以上の方、55%ものサイクリストが「彼女(彼氏)がいたことがない」と回答しています。総回答者数、1,035人。

集団の属性にかたよりがあったとしても(どんなかたよりだ)、1,000を超える回答数にはある程度、一般化できる有意性があると言っていいのではないか。

そう、たとえばこんな一般化を。

サイクリストのおひとりさま率の高さは異常

Twitterのご意見には興味深いものがたくさんありました。いくつかご紹介させてください。

自転車に乗ると破局が訪れるのか…

もしそうだとしたら…

日焼けは私の彼女もかなり気にしていました。日焼け対策の手間が原因となって、自転車から遠のいていく、という傾向は多いような気がします。

あえて趣味を共有しない、という選択をする方も。これは関係を維持するために有効な場合がありますよね。

チッ 自慢かよ。最高かよ。

理想的なパターンすぎてこれもチッ

(´;ω;`)

これはわかりますw このアプローチを取るといろんなことを一緒にやってくれなくなりますよね。

そして孤独のライドへ

でも、いいじゃないですか。2人には2人であることの楽しさはありますが、ソロにはソロの魅力があるものです。孤独のライドこそがいい、という意見も、よくわかります(別に声は震えていない)。

ゆうべアンケート結果見ながら久しぶりに飲んだら、飲みすぎて泥酔しました(汗

孤独のライド サイクリストのおひとりさま率の衝撃的な高さが明るみに

自転車に乗る時はね
誰にも邪魔されず
自由で なんというか
救われてなきゃあ
ダメなんだ

独りで静かで
豊かで・・・

@PinaGAN_Skyさんの名言がしみる…

それでいいじゃないの。

この記事を書いた人