4iiiiが低価格・ゼロコンタクトの新型製品「Fliiiight Smart Trainer」を発表

EUROBIKE 2019にて4iiiiから面白い新型スマートトレーナーが発表されました。同社は今年5月にStacを買収しましたが、かつてStac Zero Halcyonとして発売されていたモデルを改良・リブランドし、新たに「Fliiiight Smart Trainer」として発表しました。

公式 4iiii launches the Fliiiight Smart Trainer at EUROBIKE

ダイレクトドライブでもタイヤドライブでもない「ゼロコンタクト」

このトレーナーの最大の特徴はTacx NeoやWahoo KICKRのようなダイレクトドライブでもフライホイール式でもなければ、従来型の固定ローラーのようにタイヤを押し付けるタイプでもないということです。普段使っているバイクをハブ軸に固定するだけ使えてしまうという、その意味ではかなり画期的な製品。

負荷はマグネット式でアルミリムのホイールが必要

スポークの動きを光学センサーで読み取り、内蔵マグネットで負荷を生み出します。つまりアルミリムが必要でカーボンホイールは使えない、という縛りが発生しますが、なんと値段が$599なんですね。本日のレートに換算すると64,000円くらいです。スマートトレーナーに興味はあるけれど高価だから…という方には朗報かもしれません。

ポータブルで電源なしでも2時間駆動が可能

さらにこの製品、写真のように非常にコンパクトで持ち運びも楽そうです。電源がなくても内蔵バッテリーを充電すると最大2時間の駆動が可能とのことなのでレース会場に持ち込んでウォームアップに使いたい人にも良さそうです。

基本スペック

基本スペックは以下。最大斜度が他社製スマートトレーナーに比べると7%とやや物足り感じですが、値段を考えると非常に良さそうです。またハブ軸以外の接触面がないため静粛性もかなり高いとのこと。

  • 精度: +/-1%
  • 最大ワット: 2,200ワット
  • 最大斜度: 7%
  • 通信: ANT+ FEC, Smart Bluetooth, FTMS, デュアルBluetoothシグナル
  • バッテリー駆動時間: 2時間
  • 使用可能ホイール: 溶接またはアルミスリーブジョイントのあるアルミ・アロイホイール
  • 使用可能ホイールサイズ: 650C-700C または 26”-29”

この製品の元となったStac Zero Halcyonは、スポークにマグネットを装着したり使用前に毎回キャリブレーションが必要だったりと扱いがやや面倒なところがあったようなのですが、本製品ではそれらの欠点を解消。

あとはライドフィールがどんな感じなのかが大変気になるところですが、12〜20万円といった高価格帯の製品が占めるスマートトレーナー市場に一石を投じる新製品として期待したいところですね。10月には発売されるそうです。これは結構売れるんじゃないかなという気がします。