Tacx NEO Bike Smartがついに北米とヨーロッパで販売開始。

メーカー各社から相次いでバイク一体型スマートトレーナーが発表されていますが、数年前にプロトタイプが発表されていたTacxの「NEO Bike Smart」の発売がついに開始されました。

公式 Revolutionary Tacx® NEO Bike Smart begins shipping
公式 Tacx NEO Bike Smart

日本での発売時期・価格は未定ですが米国定価は$3,199。本日のレートで34.2万円です。下の記事で紹介したWahoo KICKR BIKEが$3,500(約37.3万円)なのでTacxのほうが3万円ほど安い計算です。

いやー、まさかこれが出るとは! Wahooがバイク一体型のスマートトレーナーを発表しました。自分のバイクをセットするのではなく、最初からバイ...

主な特徴

あらためて主な特徴を見ていきましょう。まず下の画像でわかるようにスタック・リーチ・サドル高・セットバックは当然ながら調節可。クランク長も変更可能、と公式サイトにはあるのですが、調整範囲に関する記述はありません。ペダルやサドル・ハンドルも当然交換可能。Qファクターは147mm。

Tacx NEO Bike Smart

Tacx NEO Bike Smart © Tacx

画像ではタブレットホルダーやファンが付いていますが、これらはオプション品だそうです。特筆すべきはこの左右のファン。ただの扇風機でははなく、風量はスピード・パワー・心拍数に応じてインタラクティブに変化。Wahoo KICR HEADWINDのようなものですね。顔の位置に近いのはちょっと良さそうです。

Tacx NEO Bike Smart

Tacx NEO Bike Smart © Tacx

Tacx Neo / Neo2に搭載の石畳再現機能は健在。さらにダウンヒル時の加速感覚もバーチャルに再現できるのだそうです。Wahoo KICKR BIKEと違ってバイク自体が前傾したり後傾するわけではないですが、”dynamic inertia”という謎のテクノロジーも搭載されており実走感覚には自信がある模様。

また左右のペダリング分析機能もあります。脚の位置を計測・分析してくれます。

シフターはオリジナルで、フロントチェーンリングとカセットの組み合わせをプログラムできる「バーチャルシフティング」機能搭載。フロントはトリプルに対応し、歯数は53-22まで。カセットは最大12スピードの設定が可能で11-40まで設定可能。

Tacx NEO Bike Smart

Tacx NEO Bike Smart © Tacx

ただしSTIのインターフェースをカスタマイズできるとは書かれておらず、ブレーキング機能があるかどうかも不明です。さらに見たところハンドルを左右に動かせそうには見えないので、Zwiftのステアリング機能には対応できないような気もしますがどうでしょう。

Tacx NEO Bike Smart

Tacx NEO Bike Smart © Tacx

実使用の雰囲気がわかる動画です。

Wahoo KICKR BIKEとの比較

この製品、直接のライバルがWahoo KICKR BIKEになるのは間違いないでしょう。現在入手可能な情報のみから判断すると、NEO Bike Smartのほうが優れている点は、ペダリング分析・石畳再現機能があること、Dynamic Intertiaによる高い実走感、価格、といったところでしょうか。

KICKR BIKEはブレーキングが可能で、ステアリング機能もいずれ使えるようになるとZwiftが公言しているのでハンドルも可動するものと思われます。そしてSTIはシマノ・SRAM・カンパニョーロ各社のシステムをシミュレート可能。そしてバイク自体が前傾したり、後傾したりします。

インタラクティブなファンもWahooにはKICKR HEADWINDがあります。

どちらも一長一短というか、ややKICKR BIKEのほうが高機能に感じるのですがどうでしょうか。

主なスペック

以下、Tacx NEO Bike Smartの主要なスペックです。

  • ネオジム磁石32個搭載
  • ギア比:チェーンリングのセットアップ:最大スプロケット 3 枚、スプロケット 1 枚あたりの歯数は 22 ~ 53 に調整可能, リアカセットのセットアップ:最大スプロケット 12 枚、スプロケット 1 枚あたりの歯数は 11 ~ 40 に調整可能
  • Qファクター:147 mm
  • 最大出力(40km/時):2,200W
  • 最大傾斜:25%
  • 下り坂再現:○
  • 最大トルク:85 Nm
  • 最大制動力:250 N
  • フライホイール:バーチャル
  • 校正不要
  • 設置面積(長さ×幅):1390 × 750 mm (54.7 × 29.5 インチ)
  • 高さ:1170 mm (46,1 インチ)
  • 重量:50 kg (110 ポンド)
  • ワイヤレス通信:ANT+ FE-C, Bluetooth Smartオープン
  • 出力:ケイデンス, パワー, 速度
  • 精度:1%未満

となっています。

バイク別体型のスマートトレーナーとしてはTacx Neo, Neo 2が絶大な人気を誇っており、Tacxはこちらでも最新製品「Tacx Neo 2T Smart」をEUROBIKE 2019で発表していますが、バイク一体型スマートトレーナーでもTacxが市場をリードできるのかどうかが注目ですね。