シマノがMTBブレーキにフラットマウント版を追加 180mmローター対応版も

フラットマウント規格のディスクブレーキキャリパー、というと「ディスクロード?」と思ってしまいますが、最近のBikerumorの投稿によると次のようなクロスカントリーMTBがフラットマウント規格を採用しているそうです。

  • BH Ultimate EVO
  • Canyon Lux
  • Mondraker Chrono
  • Mondraker Podium RR
  • Kross Earth
  • Cannondale FSi

そしてそんなトレンドを見越してか、シマノがなんとSLX, XT, XTRグレードにフラットマウント規格のキャリパーをひっそりと用意していたのでした。

XTR BR-M9110 , XT BR-M8110, SLX BR-M7110

当ブログの「インターナショナルスタンダード・ポストマウント・フラットマウント ディスクブレーキのマウント規格」という記事で詳しく説明してみたのですが、フラットマウントは基本的にディスクロード用の規格とも言えました。また、ローター径はフロントが160mmまたは140mmというのが普通です。

そして最近のMTBのディスブレーキと言えば、まずポストマウントなのです。

Shimano XTR BR-M9110 , XT BR-M8110, SLRX BR-M7110

Shimano XTR BR-M9110 , XT BR-M8110, SLX BR-M7110

しかし今回シマノから発表されたXTR BR-M9110 , XT BR-M8110, SLX BR-M7110はなんとフラットマウント。しかもXTとSLXに至っては180mmサイズのローターにも対応しています(XTRは160mmまで)。

MTBのクロスカントリーモデルでは180mmローターなどは普通は使わないでしょうから、もしかするとシマノはフラットマウント規格をあらゆるMTBジャンルに広げようとしているのだろうか、などと思ったりしましたが、実際のところどうなのでしょうか。

XTR, XT, SLXとも2ピストン及びアイステクノロジーに対応。個人的にはDura-AceやUltegra, 105グレードのフラットマウントキャリパーと比べて、たとえば泥詰まりにより強い、といったMTBコンポならではの特徴がこれらの新製品にあるのかどうか、気になるところです。

この記事を書いた人